「DDTプロレスリング」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 概要 ==
DDTは「''Dramatic Dream Team''」の略で[[小林まこと]]の[[プロレス]]を題材にした漫画「[[1・2の三四郎 2]]」の主人公が所属する「ドリームチーム」にプロレス技名にも使用されている[[DDT (プロレス技)|DDT]]が[[ダブル・ミーニング|略称となるよう]]Dramaticを冠したのが由来。ロゴ上は「''D<sub>2</sub>T''」と表記される。旗揚げ当初は「ドラマチック・ドリーム・チーム」が正式な団体名であった。[[2004年]]新法人への移行と合わせて「DDTプロレスリング」に改称現在は複数ブランドや子会社も展開し「DDTプロレスリンググループ」を構築している。
 
[[エンターテインメント]]色が強くプロレス記者の[[鈴木健 (プロレス記者)|鈴木健]]によりこの[[スタイル]]を「文化系プロレス」([[高木三四郎]]の著書に「俺たち文化系プロレス DDT」がある)と名づけられた。元社長の[[一宮章一]]は「小さな[[WWE]]」と表現したことがある。
: 新日本の日本武道館大会に試合提供をしたことがある。現在は飯伏幸太を中心に、相互に選手が参戦。DDT年間最大の大会である両国(武道館)ピーターパンには[[中西学]]、[[真壁刀義]]、[[プリンス・デヴィット]]、[[オカダ・カズチカ]]、[[棚橋弘至]]など主力選手が毎年参戦している。両国以外にも[[獣神サンダー・ライガー]]、[[天コジ]]、[[高橋広夢]]も参戦している。飯伏は[[ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア]]優勝・[[ニュージャパン・カップ]]優勝・3度の[[IWGPジュニアヘビー級王座]]戴冠歴もある他、業界初の新日本とのダブル所属を成し遂げている。ケニー・オメガはベスト・オブ・ザ・スーパージュニアにてデヴィット、[[アレックス・シェリー]]をいずれも路上に巻き込んでいる。[[男色ディーノ]]は、新日本・CMLL合同主催の「ファンタスティカマニア」に所属外ながら出場、CMLLのオカマレスラーである[[マキシモ (プロレスラー)|マキシモ]]とのタッグが実現している。2015年の新日本シンガポール大会では現地の団体SPWからの提供試合に[[中澤マイケル]]が出場した。
; [[全日本プロレス]]
: ケニー・オメガが[[世界ジュニアヘビー級王座]]奪取も果たしている。全日本からは[[カズ・ハヤシ]]、[[KAI (プロレスラー)|KAI]]らが参戦した。最近では全日本プロレス元練習生の石井慧介属する[[チーム・ドリーム・フューチャーズ|チーム・ドリフ]]が全日本に、逆に全日本からは所属となった[[曙太郎|曙]]が(フリーランス時より継続して)DDTに参戦している。2014年4月29日のDDT後楽園大会では全日本([[PWF]])が管理する[[アジアタッグ王座]]の防衛戦が行われ、チーム・ドリフが奪取、王座を奪われた[[秋山準]]は引き換えに[[アイアンマンヘビーメタル級王座]]を獲得した。逆に8月30日の全日本[[愛知県体育館]]大会でチーム・ドリフが持つKO-D6人タッグ王座が懸けられたこともある。また、若手・練習生がおらず手不足だった2013年の全日本のシリーズにDDTの練習生を貸し出し。現在、新日やノア、大日本との関係が悪化している全日本プロレスにとって主要な交流団体となっている。また[[三富政行]]も地方大会に何度か参戦している。2015年6月には高尾蒼馬だけが1シリーズ参戦のほか、欠場でレンタル移籍の流れた当時ユニオンの[[福田洋]]も参戦。10月のシリーズと世界最強決定タッグリーグには星誕期も参戦。
; [[DRAGON GATE]]
: 過去に合同興行「[[DDG (プロレス興行)|DDG]]」を開催。男色ディーノを中心に交流していた。2012年には高木もDRAGON GATE参戦を果たす。2015年の両国大会に[[ストーカー市川|"ハリウッド"ストーカー市川]]が参戦。
匿名利用者