「ラッパ」の版間の差分

m
 
== 俗語・比喩としての「ラッパ」 ==
* 誇張して話すこと、ほら話や大言壮語することを「ラッパを吹く」と表現する。(小さなことを大きくするという意味)
* 裾の広がった[[ズボン]]のことを「ラッパズボン」と呼ぶ。
* [[ビール]]や[[焼酎]]などの飲料を[[瓶]]に直接口をつけて飲む行為を、その姿から「ラッパ飲み」や単に「ラッパ」と言うこともある
* [[プロレス]]で腹や胸で相手の顔の上に乗る、または掌で鼻と口を塞いで息をできなくさせて[[窒息]]させる技。ブーブーとラッパのような音がすることからラッパと称される。
* 空腹時の腹部からの[[飢餓収縮]]の音を指して「ラッパが鳴る」と用いることもある。
匿名利用者