「制式名称」の版間の差分

編集の要約なし
m (国鉄を関連項目から例の節へ移動。)
 
これらの組織では、[[軍事力|武力]]や強制力を持って[[敵|対抗勢力]]と対峙する必要から、最小の労力で最大の力が発揮できることが望まれる。主たる[[兵器]]や付随する装置・器具類は開発から生産と配備、[[メンテナンス|保守]]、補充、向上計画までの一連の作業を統一された名称で扱えた方が[[兵站]]への負担が軽く、それらを用いた[[訓練]]過程でも個々の[[兵士]]ごとの操作と運用が可能な兵器類が何かが明らかとなって都合が良い。これらのことから、このような組織では主要な兵器類に[[固有名詞|固有名称]]を与えて関係する[[部隊]]の隅々まで認知させ、生産を含めた兵站機能と訓練プログラムでは、これらに集中して行うようになっている。制式化は[[標準化]]であるが、改良を加えることで[[性能]]や利便性、生産性が向上することが多く、改良されたものには制式名称に続けて枝番のような改良型の符号などが加わるようになっている。このような派生型の増加は、標準化による便益を損なうので、改良型の増加はある程度抑制される。
 
防衛省は2007年9月に「装備品等の制式に関する訓令」の廃止した<ref>[http://www.clearing.mod.go.jp/kunrei_data/a_fd/2007/ax20070825_00074_000.pdf 装備品等の部隊使用に関する訓令]</ref>。以降、防衛省では装備品の制式化および制式名称の付与は行われていない。また、新たに「装備品等の部隊使用に関する訓令」が施行された。
 
== 制式名称の例 ==
* [[軍用機の命名規則]]
* [[日本国有鉄道]] - [[形式称号]]、[[国鉄色|塗色]]をはじめ、[[運転]]、[[営業]]、[[鉄道車両の検査|検査]]、[[修繕]]の扱いや、施設名、職名など、多岐にわたる。<br />形式:けいしき(型式)、掛:かかり(1973年〈[[昭和]]48年〉職制改正で"係"に改正)などは、国鉄独特の表記として例に挙がることが多い。
 
== 脚注 ==
=== 注釈 ===
{{Reflist|group=注}}
=== 出典 ===
{{Reflist|2}}
 
{{gunji-stub|せいしきめいしよう}}
13

回編集