「佳藝電視」の版間の差分

佳藝電視のほとんどの従業員や所属タレントたちには、放送停止を事前に知らされておらず、香港政庁に対して放送再開に向けての援助を申し入れたものの受け入れられなかったため、既存の2放送局や、映画制作会社への転職を余儀なくされた。しかしながら、彼らは転職先の放送局で優れた番組を輩出し、その後の香港テレビ界の発展に寄与した。映画界に転職したスタッフには[[ツイ・ハーク]]がいる。
 
香港政庁新たな地上波放送局の設置を許可しなかったため、現在に至る亜洲電視が停波した2016年4月まで、香港の地上波テレビ局は2社体制で推移してゆくこ、その後[[香港電台]]となっ[[香港電視娯楽]]が開局した。
 
本社スタジオについては、まだ設備も新しかったことから、[[無綫電視]]が番組収録用スタジオとして利用していたが、[[1987年]]からは[[香港電台]]のテレビ制作部門が使用し、現在に至っている。
 
== 主な番組 ==