メインメニューを開く

差分

サイズ変更なし 、 3 年前
編集の要約なし
'''目'''('''眼'''、め)は、[[光]]を[[受容器|受容]]する[[感覚器]]である。光の情報は眼で受容され、[[中枢神経系]]の働きによって[[視覚]]が生じる。
 
[[ヒト]]の眼は感覚器系に当たる眼球と附属器<ref name=Kaibou2v148-2>[[#解剖学第2版|解剖学第2版、p.148、第9章 感覚器系 1.視覚器]]</ref>、神経系に当たる[[視神経]]と動眼神経からなる<ref name=Kaibou2v135>[[#解剖学第2版|解剖学第2版、p.135-146、第8章 神経系 4.末端神経系]]</ref>。眼球は光受容に関連する。[[角膜]]、[[瞳孔]]、[[水晶体]]などの構造は、光学的役割を果たす。[[網膜]]において光は神経信号に符号化される。[[視神経]]は、網膜からの神経情報を脳へと伝達する。付属器のうち[[眼瞼]]や涙器は眼球を保護する。[[外眼筋]]は眼球運動に寄与する。多くの[[動物]]が眼に相当する器官を持つ。動物の眼には、人間の眼と構造や機能大きく異なるものがある。
 
以下では、まず前半でヒトの眼について、後半では動物全体の眼についてそれぞれ記述する。
3

回編集