「大砂土村」の版間の差分

内容修正、追加
(内容修正、追加)
 
== 歴史 ==
* [[1869年]]([[明治]]2年)
* [[1869年]](明治2年)[[1月28日 (旧暦)]] - [[武蔵知県事]]・宮原忠治の管轄区域をもって大宮県が発足(県庁は[[日本橋馬喰町]])。
** 1869年(明治2年)[[912928日 (旧暦)]] - 県庁が[[浦和区|浦和武蔵知県事]]に移転し、・宮原忠治の管轄区域をもって大宮県からが発足(県庁は[[浦和県日本橋馬喰町]]に改称
** [[9月29日 (旧暦)]] - 県庁が[[浦和区|浦和]]に移転し、大宮県から[[浦和県]]に改称。
* [[1871年]](明治4年)[[11月14日 (旧暦)]] - 浦和県・[[忍県]]・[[岩槻県]]の3県が合併して埼玉県が誕生。
* [[1879年]](明治12年)[[3月17日]] - 足立郡の区域をもって行政区画としての[[北足立郡]]が発足。郡役所は[[浦和宿]]に設置。
* [[1889年]]([[明治]]22年)[[4月1日]] - 大和田村、砂村、今羽村、西本郷村、堀崎村、島村、土呂村の各村が[[日本の市町村の廃置分合|合併]]して成立した。大和田村の「'''大'''」、砂村の「'''砂'''」、土呂村の「'''土'''」の3字を合成して新村名を'''大砂土'''とした。
* [[1940年]]([[昭和]]15年)11)[[11月3日]] - 北足立郡[[大宮町 (埼玉県)|大宮町]]、[[宮原村 (埼玉県)|宮原村]]、[[三橋村 (埼玉県)|三橋村]]、[[日進村]]と[[日本の市町村の廃置分合#合体(新設合併)と編入(編入合併)|合併]](新設合併)、市制施行により'''[[大宮市]]'''となる。<ref>[[埼玉県の廃止市町村一覧#1940年~1949年]]</ref>
 
== 地区 ==
大宮市時代市内を通常は北足立郡時代の町村ごとに数地区に分け、旧町村名で呼称していた(七里地区、馬宮地区など)が、旧大砂土村では中央部にある見沼田圃を境にさらに分割され、東側(砂大和田堀崎島)を'''大砂土東地区'''、西側(見沼土呂西本郷今羽に大宮字植竹などを加えた地区)を'''大砂土地区'''と呼んでいた
 
現在は[[さいたま市]]の一部となり、大砂土東地区は[[見沼区]]大和田町・堀崎町・島町及び東大宮、大砂土地区は[[北区 (さいたま市)|北区]]に属す。現行の町名では北区土呂町植竹町今羽町本郷町及び見沼となっている。ちなみに砂町は政令指定都市に移行した際一丁目が北区に、二丁目が見沼区砂町、堀崎町、島町、東大宮、大和田町あた分かれている。
 
砂町はかつて1、2丁目が存在したが[[東大宮駅]]開業後周辺の町名を東大宮1~7丁目と改めたため砂町1丁目は消滅、現在は2丁目のみが存在している。
 
== 脚注 ==
1,459

回編集