メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
| 同車台=
}}
長い開発期間を経て[[1981年]]に登場した同社唯一のモデル『DMC-12』は、[[イタルデザイン]]の[[ジョルジェット・ジウジアーロ]]がデザインし、[[ロータス (自動車)・カーズ|ロータス・カーズ]]がメカニカル設計を請け負った。
[[File:PRV Delorean.JPG|thumb|リアに積まれるエンジン]]
[[フレーム形式 (自動車)#バックボーンフレーム|バックボーンフレーム]]上に[[繊維強化プラスチック|FRP]]ボディーを載せる構造はロータスが得意とした手法であるが、[[メンテナンス]]フリーをも狙って外部全体を無塗装[[ステンレス鋼|ステンレス]]で覆った。表面は加工時のサンドペーパーの傷をそのまま残したヘアラインとなっている。なお車高や[[最低地上高]]が高いのは、当時の法的基準における[[前照灯|ヘッドランプ]]の高さを満たすためと、[[北アメリカ|北米]]の道路事情を配慮した実用性確保のためである。
 
== その他 ==
* 新車発売当時は、[[日産自動車|日産]]が[[自動車ディーラー|ディーラー]]になるとの話もあった。<ref>[https://web.archive.org/web/20100716172004/http://www.supercarnet.jp/File/File-Delorean/File-Delorean.htm SUPERCAR.NET内での紹介ページ(2010年7月16日時点でのアーカイブ)]</ref>
* 日本の[[公道]]で走行するためDMC-12が[[車検]]を取得した場合、[[自動車検査証]]の車名表記は「デローリアン」となる。
* 全体として、モデルは前期型・中期型・後期型に分けられるとされている。前期型は[[ボンネット (自動車)|ボンネット]]脇に2本のプレスラインが入り[[給油]]口がある、中期型は給油口がなくなっており、ボンネットを開けて給油する事となる(尚、BTTFで用いられたもこのタイプ)、後期型は2本のプレスラインが消え、一番右下に「DeLorean」のエンブレムがある、という特徴がある。<!--但しボンネットは交換が容易なのでボンネットだけで正確に判断する事は難しいと言える(たとえば、後述のコンバートEVの場合中期型だが、事故の影響で後期型のボンネットを装着している)-->[http://www.jigowatt.org/dmc/car.html]
* かつて北海道[[函館市]]にあった、函館出身のロックバンド[[GLAY]]の記念館、Art Style of GLAYでは、鏡の部屋に半分だけのDMC-12が展示されてあり、観覧客が乗り込むことも可能だった。これは、メンバーの[[HISASHI]]お気に入りの映画が『バック・トゥ・ザ・フューチャー』であることと、自身の車好きのためだと推測される(彼は別冊カドカワのGLAY総力特集<ref>『別冊カドカワ 総力特集 GLAY』 角川書店<カドカワムック 213>、2005年1月 ISBN 4-04-894456-8</ref>での対談でもDMC-12について語っている)。
* 映画評論家の[[有村昆]]が所持し、メディアで度々取り上げられていたが、[[2015年]]に売却。
* 栃木県[[那須郡]][[那須町]]にある[http://www.ps-car.com/ 那須PSガレージ]にもノーマル状態とタイムマシン仕様の2台が展示されており、タイムマシン仕様のDMC-12としてはUSJ内に展示されているものよりも精巧である。
* 愛知県[[豊橋市]]に、[http://www.dmc.jp/ DMC Japan]があり、DMCからのライセンス供与を受け、修理や輸入代行を行っている。DMCevの輸入代行と国内適合も行なう予定である。
* また、変わった[[エンジンスワップ]]が行われたケースもある。
** 現時点に於いて米国と日本で[[電気自動車]]に改造する事例が確認されており、日本に於いては、[[日本EVクラブ]]広島支部が[[広島国際学院大学自動車短期大学部]]内に場所を借り、DMC-12を電気自動車に改造するプロジェクトを実行。[[リチウムイオン二次電池|リチウムイオンバッテリー]]を搭載し、[[2009年]][[3月11日]]に車検を通して[[日本のナンバープレート|ナンバー]]を取得した。<ref>[http://delorean.tumblr.com 公式ブログ「デロリアンEV化計画」]</ref>
** また、電気自動車の他にも、[[ロータリーエンジン]]を搭載したケース等もある。
**映画バックトゥーザフィーチャーの未来へのタイムスリップ記念に、DMC-12を[[衣服]]等から生成した[[バイオエタノール燃料]]で走行できるようにしたケースもある。映画のシーンにあるごみを直接投入することで稼働することはないが、リサイクル工場にて生成されたものを利用するものである。<ref>http://fukufuku-project.jp/GoDelorean/</ref>
 
35,799

回編集