「ホロ島」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
かつてホロの町は[[イスラム教]]の[[スルタン]]国・[[スールー王国]]の都が置かれ、東南アジアの海上交易の拠点として繁栄した。[[米比戦争]]後、[[1900年代]]の「モロの反乱」で多数の地元民がアメリカ軍に虐殺されている。また[[太平洋戦争]]の[[スールー諸島の戦い]]では日本軍とモロ人ゲリラとの激しい戦場となっている。[[2005年]]2月に4000人から5000人ほどの[[フィリピン軍]]部隊と、[[アブ・サヤフ]]・グループの民兵800人ほどが衝突し、1万人以上の避難民が出た。
 
[[アブ・サヤフ]]の最大の拠点の1つであり、無法地帯となっている。周辺では[[海賊]]行為が横行しており、フィリピン政府はホロ島周辺が「新たな[[ソマリア沖の海賊|ソマリア]]」になる危険があるとしている<ref>{{cite news |title=比イスラム過激派、カナダ人の人質殺害 トルドー首相発表 |newspaper=[[フランス通信社|AFPBB News]] |date=2016-4-26 |url=http://www.afpbb.com/articles/-/3085258 |accessdate=2016-4-30 }}</ref>。
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 外部リンク ==