メインメニューを開く

差分

マッサージ

5 バイト追加, 2 年前
m
歴史
紀元前4世紀頃、ギリシャの医聖[[ヒポクラテス]]が他の医師たちに対し、「マッサージの研究をすべきである」と必要性を説いた。しかし、その後医学としてのマッサージが伝わる事はなく、民間療法として止まった。
 
16世紀後期、[[フランス]]の医師である、'''[[アンブロワーズ・パレ]]'''がマッサージの効能や必要性、医療術を研究し、フランス中にマッサージの効力を強く、主張するに至った。この主張によって、マッサージ療法は、医療法としてだんだん見直されるようになり、広まっていった。
 
18世紀~19世紀頃になると、[[スウェーデン]]の'''[[パー・ヘンリック・リン]]'''が治療体操を用いてマッサージについても研究をし、スウェーデンマッサージの基礎を作り上げる。これをもとにマッサージは[[オランダ]]、[[ドイツ]]、[[フランス]]、[[ポルトガル]]など、[[ヨーロッパ|欧州]]に広まっていった。
 
その後、マッサージ医療が医療術の一つとして現在に至っている。
48

回編集