「メーティス」の版間の差分

ティーターン神族の末弟[[クロノス]]は母[[ガイア]]の命を受けて父である[[ウーラノス]]を倒し、神々の王となった。しかし、その際にウーラノスによって自身も同様に子に倒されるという[[予言]]を受け、子が生まれるたびにそれを飲み込んだ。クロノスの妻[[レアー]]はそれを悲しみ、ガイアに相談して闇夜の外で末子[[ゼウス]]を産み、石をゼウスと偽って持ち帰り、それをクロノスに飲み込ませたために助かった。
 
ゼウスは[[クレタ島]]で育てられ、成人すると母レアーと知恵の女神メーティスと共に、食べられた兄姉たちの仇を打つことにした。ゼウスはメーティスに命じ、メーティスは自分の作った嘔吐薬を[[ネクター|ネクタル]](神酒)に混ぜてクロノスに飲ますことに成功した。クロノスはまずゼウスと偽られて飲み込んだ石を吐き出し、続いて[[ポセイドーン]]、[[ハーデース]]、[[ヘーラー]]、[[デーメーテール]]、[[ヘスティア]]と、飲み込んだ際とは逆の順で彼らを吐き出した。ただし、一説によればメーティスは関与しておらず、ゼウス自身がクロノスの背中をたたき吐き出させたという。
 
そして、ゼウスは吐き出された兄姉たちと力を合わせ、クロノスを始めとするティーターンとの戦い[[ティーターノマキアー]]に勝利した。この戦いにはティーターン神族の長兄であるメーティスの父オーケアノスは参加しなかったという。