「根本康広」の版間の差分

→‎経歴: NPウイナーは距離の壁に挑む挑戦者の1頭であり3番人気に過ぎず、出典資料でも「ルドルフを破った」ことを重視しています。
(→‎経歴: NPウイナーは距離の壁に挑む挑戦者の1頭であり3番人気に過ぎず、出典資料でも「ルドルフを破った」ことを重視しています。)
騎手免許試験には3度落第し<ref name="tsuruki" />、デビューは21歳となった1977年まで延びた<ref>『競馬コーフン読本』p.121</ref>。養成所時代は同期生のうちで障害飛越が最も下手だったが、1979年に騎乗馬[[バローネターフ]]で障害の最高競走・[[中山大障害]]の春秋連覇を達成する<ref name="tsuruki" />。1981年にも[[ナカミショウグン]]で中山大障害(春)を制した<ref name="tsuruki" />。しかしその活躍とは裏腹に、障害競走への騎乗数はキャリアを通じて僅か44回に留まっている。
 
1985年、天皇賞(秋)において13番人気の[[ギャロップダイナ]]に騎乗し、それまでGI競走5勝を挙げ「皇帝」と称されていた[[シンボリルドルフ]]と当時最強のスプリンターであった[[ニホンピロウイナー]]の2頭を破る大[[金星]]を挙げる<ref name="yushun8512">『優駿』1985年12月号、pp.124-126</ref><ref>シンボリルドルフは2着、ニホンピロウイナーは3着であった。</ref>。ギャロップダイナはバローネターフを手がけた[[矢野進]]の管理馬で、それまで騎乗していた主戦騎手の[[柴崎勇]]が他馬に乗ることとなり、また過去に騎乗していた[[岡部幸雄]]や[[東信二]]、[[田村正光]]も他の馬への騎乗依頼をすでに終わっていた後だったため、急遽根本に手綱が任されたものだった<ref name="yushun8512" />。根本自身勝てるとは思っておらず、競走前には同期の加藤と「万が一勝ったら、賞品の車をトンカチで叩き潰そうや」と軽口を叩いていたという<ref name="yushun8512" />。
 
翌1986年には師の[[橋本輝雄]]が管理する[[メリーナイス]]で関東の3歳王者戦・朝日杯3歳ステークスを制する。なお、このとき根本は最後の直線で風車のように鞭を使うヨーロピアンスタイルの騎乗スタイルを披露したが、その姿はあまり良いものではないと判断され、周囲からは「却って馬に負担を掛けてしまっている」と苦言も呈された。根本はこのとき左足を負傷しており、それを隠して朝日杯に出場するために「ヨーロピアンスタイル」を口実に、負担の少ない乗り方を模索した結果だったと後年明かしている<ref>小林(2000)p.161</ref>。
4,015

回編集