メインメニューを開く

差分

全体的に『MHP2G』よりも他企業、漫画、アニメ作品とのコラボレーションに積極的で、オリジナルの武具のほか、漫画・アニメのキャラクターが着ていた服や使用していた武器等の素材が手に入るクエストが発売から1年の間毎月のように配信されていた。
 
初週販売本数(2010年12月1日 - 12月5日)はエンターブレイン調べで'''214万6467本'''<!-- (参考:[[メディアクリエイト (東京都千代田区)|メディアクリエイト]]調べでは195万717本<ref name="p3rd-launch-mc">{{Cite web|date=2010-12-08|url=http://www.4gamer.net/games/117/G011794/20101208062/|title=売り切れも納得? 出荷200万本の「MHP3rd」,販売本数でも195万本を記録。PSP販売台数はなんと32万台の「ゲームソフト週間販売ランキング」|work=4Gamer.net|publisher=Aetas|accessdate=2011-05-27}}</ref>) -->を記録した。同時にPSP本体の購入も促進し、発売週(2010年11月28日 - 12月5日)の週間販売台数は発売以来最大の32万6639台([[PlayStation Portable go|PSP go]]は含まず)<ref name="JP_eb"/>となった。年末年始にかけて驚異的なペースで売上を伸ばし、年が明けた2011年(平成23年)1月には400万本に到達<ref>{{Cite web|date=2011-01-05|url=http://www.capcom.co.jp/ir/news/html/110105.html|title=カプコンの『モンスターハンターポータブル 3rd』が発売1ヶ月間で国内400万本を突破!〜 2010年度国内市場の販売No.1タイトルを目指す 〜|author=株式会社カプコン|language=日本語|accessdate=2014-08-12}}</ref>、3月には『[[ドラゴンクエストIX 星空の守り人]]』の持っていた[[サードパーティー]]製ソフトの最高売上記録を更新した<ref>『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』は、2011年2月28日に廉価版を含めて出荷本数が432万本と発表されているが、本作品の販売本数は、2011年2月27日時点で432万本(メディアクリエイト調べ)に到達している[http://www.4gamer.net/games/117/G011794/20110302065/](2013年1月21日閲覧)ことから、出荷本数ではそれ以前に到達していたと考えられる。</ref>。<!--2016年5月現在、任天堂以外のゲームハード向けに発売されたソフトとしては日本国内で最も売れたソフトである。-->
 
パッケージのみを差し替えた韓国版が存在するため<ref>“[http://www.amazon.co.jp/PSP-%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AB-3rd-%E3%80%90%E6%B5%B7%E5%A4%96%E9%9F%93%E5%9B%BD%E7%89%88%E3%80%91/dp/B004LA6CYI Amazon.co.jp: PSP モンスターハンターポータブル 3rd 【海外韓国版】: 家電・カメラ]”. Amazon.co.jp. 2015年2月21日閲覧。</ref>、わずかだが国外向けにも出荷された。最終的な出荷本数は480万本に達し、ほぼ日本向けの展開にも関わらず世界でもPSP用ソフトとして最大の売上を記録した([[:en:List of best-selling video games#PlayStation Portable|en:List of best-selling video games]])。<!--2016年5月現在、任天堂以外のゲームハード向けに発売されたソフトとしては日本国内で最も売れたソフトである。-->
 
2011年2月10日には、PSP-3000本体(ブラック/レッド・ホワイト/ブルー)を同梱した「新米ハンターズパック」が発売された(PSPJ-30020、PSPJ-30021)。
5,229

回編集