「アカメガシワ」の版間の差分

変更
(加筆)
(変更)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
'''アカメガシワ'''(赤芽槲、赤芽柏、{{Snamei|Mallotus japonicus}})は、[[トウダイグサ科]][[アカメガシワ属]]の[[落葉高木]]。[[新芽]]が[[鮮紅色]]であること、そして[[葉]]が[[カシワ|柏]]のように大きくなることから命名された。本来は[[熱帯]]系統の[[植物]]であり、落葉性を身につけることで[[温帯]]への進出を果たしたものと見られる。
 
== 特徴・特性 ==
[[日本]]の[[本州]]の[[岩手県|岩手]]・[[秋田県]]以南、[[四国]]、[[九州]]のほか、[[アジア]]では[[台湾]]、[[中国]]の南部の[[山野]]に[[自生]]する。日本では[[二次林]]に多く、山野、平地、川の土手のほか、[[空き地]]などによく生えてくる、典型的な[[パイオニア植物]]である。[[雌雄異株]]の落葉高木で、樹高は5〜10mに達する。春に出る若葉は、鮮やかな紅色をしており美しく{{sfn|貝津好孝|1995}}、星状毛が密生する{{sfn|馬場篤|1996}}。
 
材は軟らかく、床柱・下駄・薪炭に用いる。[[日本薬局方]]に記載の[[生薬]]で、樹皮は「野梧桐(やごどう)」、葉は「野梧桐葉(やごどうよう)」という{{sfn|貝津好孝|1995}}。樹皮を煎じたものは初期の[[胃潰瘍]]、[[十二指腸潰瘍]]、[[胃酸過多症]]に効果があるとされるほか、葉の乾燥品を風呂に入れて入浴すると、[[あせも]]に効能があるとされる{{sfn|貝津好孝|1995}}{{sfn|馬場篤|1996}}。また、果実の軟針は[[駆虫薬|駆虫剤]]に用いる。若葉は食用となり、和え物やおひたしとする<ref>「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p4 昭和33年12月25日発行</ref>。
 
== ギャラリー参考画像 ==
{{Gallery
|ファイル:Mallotus japonicus.jpg|アカメガシワの新芽
匿名利用者