「重粒子線がん治療」の版間の差分

編集の要約なし
{{画像提供依頼|作用の模式図|装置の画像(加速器、照射装置の2種)|date=2012年10月}}
'''重粒子線がん治療'''(じゅうりゅうしせんがんちりょう、{{Lang-en|'''heavy ionparticle radiotherapytherapy'''}})とは、[[炭素イオン線]]で[[がん]]病巣をピンポイントで狙いうちし、がん病巣にダメージを十分与えながら、正常[[細胞]]ダメージ障害を最小限に抑えることが可能とされる最先端の[[放射線療法]]。
 
== 概要 ==
[[外科手術]]および[[化学療法]]に対すると比較して、X線を用いた[[放射線療法]]の長所あるは「機能と形態の欠損温存」治療中のにあたって身体的負担が少ないに加え、従来かいう性質が長所として挙げの放射れる。重粒子線治療であるは、表面線量が比較的高い[[エックス線]]、[[ガンマ線]]に比べ、[[陽子線]]と同様比べ、体の表面で[[放射吸収線量]]が弱を低抑えられ、がん病巣において[[放射吸収線量]]がピークになる特性を有しているため、照射回数と[[副作用]]をさらに少なく、治療期間をより短くすることが可能とされる<ref>[http://www.hibmc.shingu.hyogo.jp/ionbeam_treatment3.html 兵庫県立粒子線医療センター X線治療と粒子線治療の違い]</ref>。2016年1月に[[東芝]]が世界初となる[[超伝導磁石]]を使用した軽量・小型の重粒子線回転ガントリー装置を開発した<ref name="newsflash">[http://www.e-radfan.com/newsflash/49648/ 放射線医学総合研究所と東芝、世界初の超伝導技術を用いた重粒子線がん治療用回転ガントリーを完成]</ref><ref>[http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/327441/011100028/?ST=ndh 東芝が見せた意地、原子力技術を医療へ]</ref>。
重粒子線の治療施設は世界に9箇所あり、その中で日本国内に5箇所あり、重粒子線や陽子線を照射するがん治療装置は[[東芝]]や[[日立製作所]]、[[三菱電機]]、[[住友重機械工業]]などが手がけ、この分野では国内メーカーが主導的な役割を担う<ref>[http://newswitch.jp/p/3842 東芝が「がん治療システム」だけは自社に残す理由]</ref>。
 
== 適 ==
放射線医学総合研究所では、1994年6月より[[臨床試験]]を実施し、良好な治療効果が得られている。治療の対象となる代表的な[[疾患]]と共通の適応条件を次に挙げる<ref name="radiant02_01a">{{cite web|url=http://www.nirs.go.jp/hospital/radiant02/radiant02_01a.shtml|title=重粒子(炭素イオン)線治療の対象部位とその適応について|author=独立行政法人放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院|accessdate=2011-01-13}}</ref>。
 
* 対象部位に対する放射線治療の既往がない
* [[病理診断]]がついている
* 評価測定可能病変を有する
* 原則として[[腫瘍]]の最大径が15cmをこえない
* 広範な[[転移]]がない
[[粒子線]]とは、放射線のなかでも[[電子]]より重いものをいい、陽子線、重粒子線などが含まれる。このうち重粒子線は、[[ヘリウム]]原子より重いものと定義されている<ref>{{cite web|url=http://heavy-ion.showa.gunma-u.ac.jp/images/GHMC-pamphlet.pdf|title=群馬大学重粒子線照射施設|author=群馬大学|format=PDF|accessdate=2011-01-13}}</ref>。
 
X線(γ線)、電子線、中性子線を用いる場合は、表面付近の線量が最も大きく、深さとともに減衰するのに対し、陽子線や重粒子線では、表面付近の吸収線量が小さく、粒子が停止する付近で最も付与する線量が大きくなるという特徴がある<ref name="gentle-medical_201404"/>。特に重粒子線は、陽子線と比べ、物質内での[[散乱]]が小さいため、がん組織とその周辺の正常組織に対する線量の[[コントラスト]]を高めることができによだけではなく物理学的効果に加え、同じ物理線量の陽子線やその他の放射線と比べると、重粒子線の線エネルギー付与(linear energy transfer)が高く生物学的効果(細胞に対する影響)が大きいという特徴がある<ref>{{cite web|url=http://heavy-ion.showa.gunma-u.ac.jp/jp/therapy02.html|title=重粒子線がん治療~重粒子線とは~|author=群馬大学重粒子線医学研究センター|accessdate=2011-01-13}}</ref>。
 
これにより、メスを入れずに、がん部位に集中的にダメージを与える一方で、周辺正常組織ダメージ障害小さく抑え、機能を温存できる可能性が高まるだけでなく、副作用は従来の放射線治療に比べて格段に少なくすることができる。また、一般の放射線が効かないがんに対しても優れた効果がある、治療のための照射回数を減らすことができ、早期[[社会復帰]]が可能となる、といった[[クオリティ・オブ・ライフ]](生活の質)の面からの長所がある<ref>{{cite web|url=http://heavy-ion.showa.gunma-u.ac.jp/jp/therapy04.html|title=重粒子線がん治療~特徴/適応部位~|author=群馬大学重粒子線医学研究センター|accessdate=2011-01-13}}</ref>。
 
実際の治療においては[[加速器]]を用い、重粒子を最大で[[光]]のおよそ70%のスピードに加速して体の外から照射し<ref>{{cite web|url=http://heavy-ion.showa.gunma-u.ac.jp/jp/therapy03.html|title=重粒子線がん治療~重粒子線治療~|author=群馬大学重粒子線医学研究センター|accessdate=2011-01-13}}</ref>、2、3分で終了する<ref name="radiant01_04i">{{cite web|url=http://www.nirs.go.jp/hospital/radiant01/radiant01_04i.shtml|title=重粒子線治療について知りたい方へ|author=独立行政法人放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院|accessdate=2011-01-13}}</ref>。照射中の重粒子線による直接的な痛みはない<ref>{{cite web|url=http://heavy-ion.showa.gunma-u.ac.jp/jp/faq.html#q15|title=Q&A|author=群馬大学重粒子線医学研究センター|accessdate=2011-01-13}}</ref>。照射回数は、それぞれの[[プロトコール]]によってきめられている<ref name="radiant01_04i"/>。
112

回編集