「アスペクト比」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''アスペクト比'''(アスペクトひ、 {{Lang-en|aspect ratio}})は、[[矩形]]における長[[辺]]と短辺の[[比率]]。
 
[[タイヤ]]のような[[3次元]]形状の中の[[2次元]]平面([[トーラス|トーラス面]])、あるいは[[[ロッド]][[長さ]][[直径]]のようなものにも適用される。使用される代表的な物は、[[映像]][[の寸法|紙]][[航空機]][[]][[]]の形状、[[MEMS|微細加工]]における穴径と深さなどである。長辺:短辺(横縦比)または短辺:長辺('''縦横比''')で表されるが、ここでは長辺:短辺で統一する。なお、[[テレビ]][[デジタルビデオ]]関係では長辺:短辺('''横縦比''')で表されることが多いが、[[映画]]界では伝統的に短辺:長辺(縦横比)で表されることが多い。
 
== 応用例 ==
 
; [[標準画質映像|従来型のテレビ]](SDTV)
: 画面は4:3(1.33:1)。[[ナルコンピュータ]]の[[画面解像度]]の比率で、[[Video Graphics Array|640×480]]・[[XGA|1024×768]]がこの条件を満たす例である。
 
; [[高精細度テレビジョン放送|ハイビジョン]](HDTV)
20,430

回編集