「嫌子」の版間の差分

編集の要約なし
'''嫌子'''(けんし)とは[[行動分析学]]における正の罰、負の強化の[[行動随伴性]]を説明する際に混乱を避けるため作られた造語。弱化子、罰子、嫌悪刺激、罰刺激とも言う。正の罰は、嫌子出現による弱化と言い換えられ、負の強化は、嫌子消失による強化と言い換えられる
正の罰は、嫌子出現による弱化と言い換えられ、負の強化は、嫌子消失による強化と言い換えられる。
嫌子出現による弱化は、行動の直後に嫌子が出現したり、増加する事によりその行動の頻度を減少させ、嫌子消失による強化は、行動の直後に好子が出現したり、増加する事によってその行動の頻度を増加させる。ここでいう行動の直後は、[[60秒ルール]]の指針に従い、行動後60秒以内とする。