「生産工学」の版間の差分

編集の要約なし
生産工学は、'''IE手法'''([[インダストリアル・エンジニアリング]]、Industrial Engineering)に定義される。狭義には科学的経営手法のように作業者の動作分析(作業時間)、業務の最適化や生産工程の合理化・効率化、資源を減らして生産される製品、サービスをより多くするための管理技術、これらの研究の手法である<ref>{{Cite news|title=生産工学|newspaper=Data Science for Environment and Quality 環境と品質のためのデータサイエンス|author=杉原哲朗|accessdate=2015-11-17|date=2015-11-14|url=http://heartland.geocities.jp/ecodata222/ed/edj2-2-5.html}}</ref>。
 
[[1911年]]に[[フレデリック・テイラー]](T.W.Taylor)が発表した[[科学的管理法]]の技法として位置づけられ、価値に見合った適正的な製品・建設物等を妥当な品質と価格で製造して提供することをいう。工場の加工物でコストや在庫ロスをなるべく出さないように、なおかつ生産性を効率よくすること、設備・土木等の誤作動・故障や危険を避ける方法、良質な製品を効率良く大量生産することなどが挙げられる。{{main|インダストリアル・エンジニアリング}}
 
==生産工学部を置いている大学==
※[[日本大学]]にのみこの学部や研究科は置かれている。
{{main|*[[日本大学生産工学部・大学院生産工学研究科}}]]
 
==脚注==
1,195

回編集