「Microsoft SQL Server」の版間の差分

長年放置されたセクション重複を削除。外部リンクの整理。出典変更。Developer Editionについて追記。
編集の要約なし
(長年放置されたセクション重複を削除。外部リンクの整理。出典変更。Developer Editionについて追記。)
| 最新版 = 2014
| 最新版発表日 =
| 対応OS = [[Microsoft Windows]], [[Linux]]
| 対応プラットフォーム = [[x86]], [[x64]], [[IA-64]]
| 種別 = [[リレーショナルデータベースマネージメントシステム|RDBMS]]
 
企業サーバ向けの高機能なシステムから、組み込み系の小規模なシステムまで幅広く対応する。また[[Microsoft Windows]]と親和性が高く、[[ActiveX Data Objects|ADO]]や[[ADO.NET]]を経由して最適なバックエンドデータベースを構築できるようになっている。
 
==歴史==
===遍歴===
 
{| style = "float:right; margin-left:1em;margin-right:0; font-size:90%" class="wikitable"
|+ SQL Server リリース歴史
|-
! バージョン !! 年 !! リリース名 !! コードネーム
|-
|1.0<br/>([[OS/2]]) || 1989 || SQL Server 1.0<br/>(16bit) || -
|-
|1.1<br/>([[OS/2]]) || 1991 || SQL Server 1.1<br/>(16bit) || -
|-
| 4.21<br/>([[Windows NT|WinNT]]) || 1993 || SQL Server 4.21 || SQLNT
|-
| 6.0 || 1995 || SQL Server 6.0 || SQL95
|-
| 6.5 || 1996 || SQL Server 6.5 || Hydra
|-
| 7.0 || 1998 || SQL Server 7.0 || Sphinx
|-
| - || 1999 || SQL Server 7.0<br/>[[OLAP]] Tools ||Plato
|-
| 8.0 || 2000 || SQL Server 2000 || Shiloh
|-
| 8.0 || 2003 || SQL Server 2000<br/>64-bit Edition || Liberty
|-
| 9.0 || 2005 || SQL Server 2005 ||Yukon
|-
| 10.0 || 2008 || SQL Server 2008 || Katmai
|-
| 10.25 || 2010 || SQL Azure || Matrix (aka CloudDB)
|-
| 10.5 || 2010 || SQL Server 2008 R2 || Kilimanjaro (aka KJ)
|-
| 11.0 || 2012 || SQL Server 2012 || Denali
|-
| 12.0 || 2014 || SQL Server 2014 || Hekaton
|}
 
== 特徴 ==
 
;Enterprise Edition:大企業や高度な要求を処理するシステム向けのエディション。SQL Serverの全機能を備える。 (x86, x64, IA-64)
;Developer Edition:企業でのデータベースシステム開発用途に利用するエディション。そのため実稼働環境では使用できない。Enterprise Editionと同等の機能が備わっている。 従来はパッケージで発売していたが、2016年3月よりSQL Server 2014から無償提供の発表と提供開始がされた<ref>{{Cite web |url=https://blogs.technet.microsoft.com/dataplatforminsider/2016/03/31/microsoft-sql-server-developer-edition-is-now-free/|title=Microsoft SQL Server Developer Edition is now free|accessdate=2016-05-14|author=SQL Server Team|date=2016-03-31|language=英語}}</ref>。(x86, x64, IA-64)
;Standard Edition:中規模企業から大規模な部門のシステム向けのエディション。Enterpriseからデータ分析機能などが削減されている。Standard Editionから64ビットOSに対応している。 (x86, x64, IA-64)
;Workgroup Edition:小規模なシステム向けのエディション。Express Editionと違い、データベースのサイズなどの制限が取り除かれている。SQL Server 2008 R2を最期に廃止され、2012では後継となるエディションは提供されていない。 (x86)
 
== 歴史 ==
{|class="infobox" style = "float:right; margin-left:1em;margin-right:0; font-size:8090%;" class="wikitable"
|+ SQL Server リリース歴史
|-
! バージョン !! 年 !! リリース名 !! コードネーム
|+'''SQL Server のタイムライン'''
|-
|1.0<br/>([[OS/2]]) || 1989 || SQL Server 1.0<br/>(16bit) || -
! バージョン
! リリース
! 製品名
! コードネーム
|-
| 1.0 1<br/>([[OS/2]]) || 1990年1991 || SQL Server 1.01<br/>(16bit) || -
|-
| 4.21 <br/>([[Windows NT|WinNT]]) || 1994年1993 || SQL Server 4.21 || -SQLNT
|-
| 6.0 || 1996年1995 || SQL Server 6.0 || SQL95
|-
| 6.5 || 1997年1996 || SQL Server 6.5 || Hydra
|-
| 67.50 || 1998 || SQL Server 67.5<br />Enterprise Edition0 || -Sphinx
|-
| 7.0- || 1999 || SQL Server 7.0<br/>[[OLAP]] Tools || SphinxPlato
|-
| -8.0 || 1999年2000 || SQL Server 7.0<br />OLTP Services2000 || PlatoShiloh
|-
| 8.0 || 2000年2003 || SQL Server 2000<br/>64-bit Edition || ShilohLiberty
|-
| 89.0 || 2003年2005 || SQL Server 2000<br />64-Bit Edition2005 || LibertyYukon
|-
| 910.0 || 2005年2008 || SQL Server 20052008 || YukonKatmai
|-
| 10.025 || 2008年2010 || SQL Server 2008Azure || KatmaiMatrix (aka CloudDB)
|-
| 10.5 || 2010 || SQL Server 2008 R2 || Kilimanjaro (aka KJ)
|-
| 11.0 || 2012 || SQL Server 2012 || Denali
SQL Server 6.5 までは Sybase から技術提供を受け開発を続けてきたが、次期 SQL Server ではアーキテクチャを一新したいと考えたビル・ゲイツ氏自身が、当時、リレーショナルデータベースに関する世界的に著名な論文を発表していた Jim Gray 氏や Dave Campbell 氏らに直接会って口説き落とし、4名ほどを Microsoft に迎え入れ、コードのほとんどを書き直し、世に送り出したのが SQL Server 7 である。バージョン番号はわずか 0.5 しか上がっていないが、その中身はまったくの別物となっていた。
 
2016年3月7日、SQL Server on Linuxのリリース計画が発表された。2017年の中ごろ提供が目標としてアナウンスされた<ref>{{Cite web|title=Announcing SQL Server on Linux|url="https://wwwblogs.technet.microsoft.com/en-usdataplatforminsider/server-cloud2016/03/07/announcing-sql-server-on-linux.aspx"/|author=SQL Server Team|language=英語|accessdate=2016-05-14|date=2016-03-07}}</ref>。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
<references />
 
== 関連項目 ==
 
== 外部リンク ==
*[httphttps://msdn.microsoft.com/ja-jp/data データアクセス開発者向け技術情報]
*[httphttps://msdn.microsoft.com/ja-jplibrary/sqlservermt590198.aspx SQLサーバー開発者向け技術情報]
*[httphttps://wwwazure.microsoft.com/japanja-jp/services/sql-database/ Microsoft SQL ServerDatabase | サービス詳細 | Microsoft HomeAzure]
*[https://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/products-SQL-Server-2014.aspx SQL Server 2014 | マイクロソフト クラウド プラットフォーム]
*[http://www.microsoft.com/japan/windowsazure/sqlazure/ Microsoft SQL Azure]
*[https://www.microsoft.com/en-us/server-cloud/sql-server-on-linux.aspx SQL Server on Linux—Preview | Microsoft] {{en icon}}
*[http://www.sqlservermanagementstudio.net/ SQL Azure at a glance]
{{Software-stub}}
1,704

回編集