「Symbol」の版間の差分

PostScript について言及、文法修正
m
(PostScript について言及、文法修正)
| creationdate = 1985年
}}
'''Symbol'''(シンボル)は [[PostScript]] の[[PostScriptフォント|標準フォント]]の1つであり、[[ギリシャ文字]]と[[数学記号]]を集めた[[パイフォント]]である。現在では PostScript に留まらず、パソコンの OS としてシェアの大きい Windows や Mac OS に標準搭載されていたりすることやアップルも対応していることから、デファクトスタンダードとして文字集合に準じて扱われることも多い。
 
== 概要 ==
元は PostScript Level 1 (1984年) の4つの標準フォント (Core Font Set) の 1 つとして Courier、[[ヘルベチカ|Helvetica]]、[[タイムズ・ニュー・ローマン|Times]] に並んで規定され、[[アップル インコーポレイテッド|アップル]]が1985年にの PostScript プリンタ [[LaserWriter]]に搭載したフォント (1984年) ある。[[ギリシャ文字]]と[[数学記号]]が含ま初めて実装さていた。
 
[[マイクロソフト]]は[[Microsoft Windows 3.x]]でシステムフォントとして搭載した<ref>[http://www.microsoft.com/typography/fonts/font.aspx?FMID=152 Microsoftのシンボルフォントの1.00バージョン]</ref>。
 
[[Unicode]] 策定時、ギリシャ文字と数学記号を表現する方法としてすでに Symbol が[[デファクトスタンダード]]として使用されていたことから、Unicode 、この Symbol に含まれている文字のうち 0x60 以外のすべての文字を取り込んだ。
 
== 一覧 ==
** UnicodeにもU+0305に合成用オーバーラインはあるが、合成対象はオーバーラインの直前の文字<ref>フォントによって実装が異なる。「メイリオ」などSymbol同様に合成対象が後ろ側の文字になっているものがある。</ref>。
* 0xD2、0xD3、0xD4はセリフフォントである。0xE2、0xE3、0xE4はサンセリフフォントである。この3文字はUnicodeでは区別されない。
* 0xF0はAppleアップルの製品では、0xF0はアップルのロゴマークとして定義されている。
 
== 出典 ==
60

回編集