「Symbol」の版間の差分

m
編集の要約なし
(PostScript について言及、文法修正)
m
| creationdate = 1985年
}}
'''Symbol'''(シンボル)は [[PostScript]] の[[PostScriptフォント|標準フォント]]の1つであり、[[ギリシャ文字]]と[[数学記号]]を集めた[[パイフォント]]である。現在では PostScript に留まらず、パソコンの OS としてシェアの大きい Windows や Mac OS に標準搭載されていることから、[[デファクトスタンダード]]として文字集合に準じて扱われることも多い。
 
== 概要 ==
元は PostScript Level 1 (1984年) の4つの標準フォント (Core Font Set) の 1 つとして Courier、[[ヘルベチカ|Helvetica]]、[[タイムズ・ニュー・ローマン|Times]] に並んで規定され、[[アップル インコーポレイテッド|アップル]]の PostScript プリンタ [[LaserWriter]] (19841985年) で初めて実装された。
 
[[マイクロソフト]]は[[Microsoft Windows 3.x]]でシステムフォントとして搭載した<ref>[http://www.microsoft.com/typography/fonts/font.aspx?FMID=152 Microsoftのシンボルフォントの1.00バージョン]</ref>。
 
[[Unicode]] 策定時、ギリシャ文字と数学記号を表現する方法としてすでに Symbol が[[デファクトスタンダード]]として使用されになっていたことから、Unicode は Symbol に含まれる文字のうち 0x60 以外のすべての文字を取り込んだ。
 
== 一覧 ==
60

回編集