メインメニューを開く

差分

ウィルス
[[日本]]において、セーファーセックスは未だ十分に普及し、意識されているとは言い切れず、また実際の方法についての誤解も多い。
 
セーファーセックスが広がらない最も大きな理由は、「特定の相手としかセックスをしない自分が、性病などにかかるわけがない」という考えがあることだろう。確かに不特定多数の相手とリスクの高いセックスをしないことは、セーファーセックスのひとつ(後述)ではあるが、こうした「特定の相手」が性感染症ウルスのキャリアー(保菌者)であることも十分考えられる。特にHIVについては、潜伏期が長いこと、母子感染という感染経路があることなどから、すぐには陽性キャリアーかどうかがわからない。
すなわち特定の相手としか性交渉を持たないからといって、セーファーセックスをしなくてもいい理由にはならない。
 
::ウィンドウピリオドを避けるため、異性との交際を始めた時から最低でも1カ月は性交渉を行わない。
::性交渉に至る前に、お互いがキャリアでないことを確認するため、性病等検査を受ける。
 
{{commonscat|Safer sex}}
{{性}}
{{Medical-stub}}
{{sex-stub}}
 
== 関連項目 ==
* [[性交]]
* [[避妊]]
 
{{commonscat|Safer sex}}
{{性}}
{{Medical-stub}}
{{sex-stub}}
 
{{DEFAULTSORT:せいふあせつくす}}
17,828

回編集