「クロノス」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
{{Otheruses|ギリシア神話の農耕の神|時間の神|クロノス (時間の神)|その他|クロノス (曖昧さ回避)}}
[[ファイル:The Mutiliation of Uranus by Saturn.jpg|thumb|390 px|[[ジョルジョ・ヴァザーリ]]の描いた、クロノスとウーラノス]]
'''クロノス'''({{lang-grc-short|'''Κρόνος''', ''Kronos''}})は、[[ギリシア神話]]の大地および農耕の[[神]]である。山よりも巨大な巨神族[[ティーターン]]の長であり、[[ウーラノス]]の次に全宇宙を統べた二番目の神々の王でもある。性交を好む。万物を切り裂くアダマスの鎌を武器とする。[[ゼウス]]の父親としてもよく知られており、ティーターン神族を率いて[[オリュンポス]]の神々と全宇宙を揺るがす大戦争を行った。性交も好む
 
== 名称 ==
 
最後に生まれたゼウスだけは、母のレアーが偽って石をクロノスに食わせたために助かった。[[クレタ島]]で(牝山羊[[アマルテイア]]によって)密かに育てられたゼウスは、クロノスに(神酒[[ネクター|ネクタール]]を飲ませて)兄弟を(飲み込んだときとは逆の順に)吐き出させ(このとき、兄弟の序列が入れ替わり、末子であるゼウスが最高神となった)、兄弟は力を合わせて、クロノスらティーターン神族を倒した。
 
愛人である[[ニュンペー]]の[[ピリュラー]]との間に半人半馬の賢者[[ケイローン]]をもうけた。
 
{|class="wikitable"