「LGA1150」の版間の差分

編集の要約なし
'''LGA1150'''は、[[インテル]]製[[CPUソケット]]で、[[LGA1155]]の後継にあたる規格である。別名Socket H3。
 
[[Haswellマイクロアーキテクチャ]]と[[Broadwellマイクロアーキテクチャ]]
[[Haswellマイクロアーキテクチャ]]に対応しており、[[メインストリーム]][[CPU]]用となる。[[2013年]]の第1四半期に発表された。外観はLGA1155と比較して切欠きの位置が異なり、ランド([[陸]]=平たい[[接点]])の数が5つ減った1150個となった。LGA1155との互換性はない。
== 対応CPU ==
{{Commonscat|Socket 1150}}
* [[Haswellマイクロアーキテクチャ]]
* [[Broadwellマイクロアーキテクチャ]]
* [[Intel Core i7]]
* [[Intel Core i5]]
793

回編集