メインメニューを開く

差分

m
58.156.118.254 (会話) による ID:59784853 の版を取り消し 虚偽、日本の事項でなぜ米国
{{国際化|領域=日本|section=1|date=2010年1月4日 (月) 15:00 (UTC)}}
=== 黎明期 ===
日本のインターネット普及初期から存在した検索エンジンには以下のようなものがある。黎明期には、スタンフォード[[豊橋技術科学大学電気工学科]]博士課程でんでいた2人が作成したYahhoや、[[東京大学]]の学生が作成した[[ODiN]]、[[早稲田大学]]の学生が作成した[[千里眼 (検索エンジン)|千里眼]]など、個人の学生が作成したものが商用に対して先行していた(いずれも[[1995年]]に作成、[[日本電信電話株式会社]]の[[NTT DIRCECTORY]] 、サイバースペースジャパン(現・[[ウェブインパクト]])の[[CSJインデックス]]は[[1994年]]に作成)。これらは単に実験用に公開されていただけでなく、多くの人に用いられていたものであり、黎明期のユーザにとっては知名度、実用度ともに高いものであった。またMondouなどのように研究室([[京都大学]])で作成したものもあった。
 
=== Yahoo! JAPAN の独走 ===
3,363

回編集