「日琉語族」の版間の差分

m (→‎概要: 内部リンク)
一方、琉球諸島の言語を日本語の一方言として扱う場合には、「日本語」が日本語族の代わりに使われ、日本語派は「本土方言」、琉球語派は「琉球方言」または「南島方言」とされる。この場合、日本語は同系統の言語の存在が証明されていない[[孤立した言語|孤立言語]]であるとみなされる。
 
学術的にはどちらの定義でもその内容が本質的に変わるわけではないが、琉球諸島の言葉を方言とするか言語とするかは[[沖縄独立運動]]との関係から政治的・社会的要因で論じられることが多いため、学会外で論争となることが多い。そもそも、[[言語学]]的には方言と言語を明確に線引きする基準は存在しない。
 
なお、[[アイヌ語]]・[[ウィルタ語]]・[[ニヴフ語]]も日本列島北部で話されている(話されていた)言語であるが、系統が異なるため、日本語族には含まれない。
匿名利用者