「捜査」の版間の差分

戻し 個人サイト使うな
(戻し 個人サイト使うな)
 
== 概説 ==
ブリタニカ国際大百科事典によると、「捜査とは、犯罪に対し、捜査機関が犯人を発見・確保し、かつ証拠を収集・保全する目的で行う一連の行為」とのことである<ref name="britanica">ブリタニカ国際大百科事典「捜査」</ref>。捜査とはまた、[[捜査機関]]が、[[犯罪]]があると思料したときに、[[起訴|公訴の提起]]及び維持のために、[[犯人]]を[[逮捕|発見・保全]]し、[[証拠]]を収集・確保する行為を言う<ref>S式生講義入門訴訟法2:柴田孝之,P38,IBSN4‐426‐45001‐2</ref>とのことである。
「捜査とは、犯罪の[[証拠]]を保全し、被疑者の[[逮捕|身柄を保全]]すること」である<ref>[http://www.geocities.jp/sl042015/teigiteigi-keiso.html 刑事訴訟法の用語集]</ref>。具体的には、任意で[[被疑者]]・[[重要参考人|参考人]]等から[[事情聴取]]を行ったり、提出を受けた証拠物を領置するほか、[[被疑者]]を逮捕・[[勾留]]し、証拠物を[[家宅捜索|捜索]]・[[押収]]するなどの[[強制処分|強制手段]]を駆使して犯人及び証拠を収集・保全する<ref>[http://www.moj.go.jp/keiji1/kanbou_kenji_02_02_index.html 法務省]</ref>一連の行為である。 
 
<ref>なお、
日本の[[国税犯則取締法|国税犯則事件]]の調査、[[公安調査庁]]・[[公正取引委員会]]・[[地方入国管理局|入国管理局]]・[[税関]]のそれなどは捜査に類似するが、[[刑事裁判]]の実現に向けられたものではないため、「捜査」とは言わない{{要出典|date=2016年5月}}。やはり「調査」と呼んでいる。</ref>
 
捜査は、逮捕・捜索などといった強力な権限行使を含みうるものであり、関係者の[[人権]]に強い影響を与えるものである([[人権侵害]]をしかねないものである)ので、法律によって厳格に[[規制]]される(されなければならない)<ref name="britanica">ブリタニカ国際大百科事典「捜査」< /ref>。違法な手段・方法により行われた捜査を[[違法捜査]]と言う。捜査官がこれを行うと、捜査官の側が[[犯罪者]]となる。人権がしっかりと根付いていない国や発展途上国では、いまだに違法な身柄拘留、身体的暴力、[[自白の強要]]などが行われていて、[[冤罪]]も頻繁に発生している。
 
(比較的人権が根付いている国では)捜査は社会の変化・進展に対応するかたちで、[[法医学]]・[[心理学]]・[[物理学]]・[[化学]]・[[工学]]・[[精神医学]]などの助けを借りて、次第に科学的捜査の性格を強めてきている<ref name="britanica" />。