メインメニューを開く

差分

カンバセーション…盗聴…

2,795 バイト除去, 2 年前
 
ハリーはある日、大企業の取締役からの依頼を受けて、雑踏にまみれたユニオンスクエアで密会する若い男女二人組の会話を盗聴する。一見すると他愛の無い世間話に見えた二人の会話だが、そこに不審なものを感じたハリーは依頼人の補佐役に対し、録音したテープの受け渡しを拒否する。依頼人のオフィスからの帰り道にハリーは、公園で盗聴したカップルに遭遇する。例の二人組は、実はその会社に勤めていた社員であり、女の方は依頼人の妻だったのだ。
 
仕事場で何度もテープを聞き返すうちに、ハリーは男の「もしかしたら彼に殺されるかもしれない」という会話を拾い上げる。昔自分が盗聴したテープにより殺人事件を引き起こしてしまったという負い目があるハリーは、カップルの安全のためにテープを守ることを決意する。しかし、通信傍受の専門家たちが集まるカンファレンスの後、恋人と別れて傷心気味だったハリーは、彼の孤独に付け込んで来た女情報員によってテープを奪われてしまう。
 
テープを取り戻すために依頼人のオフィスを再訪するハリーが見たものは、テープを聞いて妻の不貞を知り激怒する取締役の姿だった。ハリーはカップルの会話に出てきたホテルに向かい、二人が泊まった部屋の隣にチェックインする。隣室の様子を盗聴するハリーだが、結局惨劇は防げず、バルコニーに出た際に殺人の目撃者となってしまう。
 
事件が起こってしばらく経った後、隣室を調査するハリー。一見何事も無かったかのように整えられた部屋だが、トイレから大量の血液が溢れかえってきたのを見て彼は動転する。ハリーはすぐさまホテルを飛び出して依頼人の会社にまで駆けつけるが、警備員によって取り押さえられてしまう。
 
その後ハリーは、依頼人の取締役が自動車事故で亡くなったという新聞記事を読んで会社に引き返す。そこで見たものは、マスコミに夫の死について取材されている女と、その傍らに付き添う男の姿だった。取締役に殺されることを恐れていたかのように聞こえた二人の会話は、逆に取締役を殺害する段取りについて話し合っていたものだった。ホテルの部屋で殺害されたのは二人組ではなく、実は取締役の方であり、ハリーの存在もまた彼らの計画の歯車に過ぎなかったのだ。
 
失意に打ちのめされて自室に戻ったハリーに対し、補佐役から電話が掛かってくる。「これ以上事件に深入りするな」という警告と共に、補佐役はハリーのサクソフォン演奏を録音したテープを彼に聞かせる。自分が盗聴されているという[[強迫観念]]に囚われたハリーは、自室を徹底的に調べ上げ盗聴器を発見しようとする。そのために彼は篤く敬っている[[聖母マリア]]の像さえ破壊するが、何も見つからない。
 
荒れ果てた部屋でハリーは孤独と絶望の中、サクソフォンを演奏するのだった。
 
== キャスト ==