「桜隊」の版間の差分

→‎慰霊碑: +五百羅漢寺殉難碑画像。キャプションを改変
(→‎慰霊碑: +五百羅漢寺殉難碑画像。キャプションを改変)
 
==慰霊碑==
[[ファイル:Sakura-tai 20150506-1.JPG|250px|right|thumb|移動演劇さくら隊殉難碑の側面。亡くなった役者の名前が刻まれている。]]
*'''移動演劇さくら隊殉難碑'''([[広島市]]中区[[平和大通り]]の緑地帯内) - [[1951年]]、[[広島市]]新川場町に木製の「丸山定夫・園井恵子追慕の碑」建立。[[1955年]]の広島での第1回原水爆禁止世界大会で慰霊碑の建設が劇団[[俳優座]]の[[永田靖]]らによって、石碑の建立が呼びかけられ、苦楽座、桜隊の座員であった[[徳川夢声]]、八田元夫と[[山本安英]]らの奔走により、[[1959年]]8月、新制作座、[[文学座]]、俳優座、ぶどうの会、[[劇団民藝]]、中央芸術劇場と「演劇人戦争犠牲者記念会」の協力のもとに建立された<ref name="junnan"/>。[[1985年]]から管理が[[日本劇団協議会|新劇団協議会]]から演劇鑑賞団体「広島市民劇場」に委託される<ref name="junnan"/>。[[2000年]]8月、広島市民劇場によって金属製の説明板が設置された<ref>[http://www3.famille.ne.jp/~kodayo/genbaku/sakuratai.htm 移動演劇さくら隊殉難碑]</ref>。
*'''移動劇団さくら隊原爆殉難碑'''([[東京都]][[目黒区]]・天恩山[[五百羅漢寺]]) - [[1952年]]9月、徳川夢声が五百羅漢寺に話をもちかけて実現した。「移動劇団さくら隊原爆殉難碑」の碑銘を徳川夢声が書き、背面には[[柳原白蓮]]の短歌が刻み込まれた<ref>[http://www.photo-make.co.jp/hm_4/sakura_21.html 桜隊原爆忌のあゆみ]</ref>。
<gallery>
[[ファイル:Sakura-tai 20150506-1.JPG|250px|right|thumb|移動演劇さくら隊広島大通りにある殉難碑の側面。亡くなった役者の名前が刻まれている。]]
ファイル:Monument of sakura-tai.JPG|目黒・五百羅漢寺にある殉難碑。
</gallery>
 
==その後の関係者の行動==
4,015

回編集