「崇高」の版間の差分

編集の要約なし
{{CSS image crop
[[File:Mythen (ganz).JPG|thumb|right|250px|スイス・アルプスの巨大な山塊。17世紀・18世紀には多くのイギリス人が[[グランド・ツアー]]でアルプスを越え、荒々しい風景を目の当たりにした。山塊は、当時の自然の美の観念からはかけ離れた存在であり、むしろ恐ろしいものであった。しかし安全な場所から見ている限り、巨大な山や雲から感じる恐怖は、むしろそれに対する抵抗心を起こしたり精神を高揚させたりするものだった。これにより感じる「崇高」は、当初は「美」とは異なる観念だった]]
|Image = Engelberg 01.JPG
|bSize = 250
|cWidth = 220
|cHeight = 300
|oTop = 0
|oLeft = 0
|Location = right
[[File:Mythen|Description = (ganz).JPG|thumb|right|250px|スイス・アルプスの巨大な山塊。17世紀・18世紀には多くのイギリス人が[[グランド・ツアー]]でアルプスを越え、荒々しい風景を目の当たりにした。山塊は、当時の自然の美の観念からはかけ離れた存在であり、むしろ恐ろしいものであった。しかし安全な場所から見ている限り、巨大な山や雲から感じる恐怖は、むしろそれに対する抵抗心を起こしたり精神を高揚させたりするものだった。これにより感じる「崇高」は、当初は「美」とは異なる観念だった]]}}
'''崇高'''(すうこう)とは美的範疇であり、巨大なもの、勇壮なものに対したとき対象に対して抱く[[感情]]また心的イメージをいう[[美学]]上の[[概念]]である。計算、測定、模倣の不可能な、何にも比較できない偉大さを指し、[[自然]]やその広大さについていわれることが多い。
 
匿名利用者