「学園特捜ヒカルオン」の版間の差分

編集の要約なし
m (廃止されたテンプレートの置換 BOTREQによる)
[[原作]]、[[脚本]]、[[絵コンテ]]、[[作画監督]]など大半の主要役職は、宇宙刑事好きの[[アニメーター]]・[[越智一裕]]が1人で担当した。[[音楽]]は宇宙刑事シリーズと同じく[[渡辺宙明]]が担当した(詳細は[[#LPレコード]]を参照)ほか、[[主題歌]]にも同じく[[串田アキラ]]が参加した。また、[[声優]]も敵・妖魔獣役には宇宙刑事シリーズの悪役で知られる[[飯塚昭三]]が起用された。
 
越智によれば、光役の声優だけはベテランから新人まで10人ほどが参加した[[オーディション]]を経て、本作が初主役となる[[関俊彦]]が起用された。このオーディションには[[水島裕 (声優)|水島裕]]も参加しており、上手さでは当時ベテランの彼が一番だったが、主役は新人でという視点から関の起用になったそうである。また、本作は[[高山みなみ]]の声優デビュー作でもあり、女子生徒役で出演している<ref group="注">その後越智が制作した[[PCエンジン]]ゲーム『[[コズミックファンタジー]]』では高山が主人公ユウ役で、水島がライバルキャラ風のシルフ役で、2作目の『コズミックファンタジー2』では関が主人公バン役で出演している。</ref>。なお、音響制作は当時[[81プロデュース]]の代表者であった[[なかのとおる|中野徹]]が担当した<ref name="mazinger20090525">[http://megalodon.jp/2009-0518-1757-54/mazinger.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/-25--17c5.html (cache) 昔話-その25-: 漫画映画家@越智一裕のblog](ウェブ魚拓2009年5月18日分キャッシュ)</ref>。
 
[[アイキャッチ]]に映っている実写キャラクターは、越智が『[[アニメージュ]]増刊 [[ザ・モーションコミック]]』に連載していた漫画『ひらきなおってマイヒーロー』<ref>[http://mazinger.cocolog-nifty.com/blog/comic.html ■コミックワークスリスト: まんが映画家@越智一裕のblog]</ref>の主人公・宇宙戦士ギャリバン<ref group="注">[[日本物産]]の[[アーケードゲーム]]『[[コスモポリス ギャリバン]]』の主役ヒーローとは同名の別人。</ref>であり、本作に登場する超人戦士ヒカルオンのデザインベースにもなっている。越智の自主映画用に制作されたこのスーツは彼自身が着ており、撮影は本作の[[原画#アニメーション|原画]]にも参加している[[亀垣一]]が担当した<ref name="mazinger20090525"/>。
: 1987年[[1月21日]]に[[リバスター音産|リバスターレコード]]から発売された。[[バックグラウンドミュージック|BGM]]全15曲や主題歌「裂空! 学園特捜ヒカルオン -テーマ オブ ヒカルオン-」に加え、[[OVA]]『[[ボディジャック 楽しい幽体離脱]]』の主題歌「夜に泣いて」がスペシャルボーナスとして収録されている。
: 録音は、[[早稲田奉仕園#アバコ(AVACO)|アバコスタジオ]]と山中湖スタジオ{{Refnest|group="注"|サウンドビレッジの敷地内に存在していた、[[JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント|ビクター音楽産業]]の[[録音スタジオ]]<ref>[http://web.archive.org/web/20020601103850/http://www.soundvillage.co.jp/link.html Sound Village リンク](インターネットアーカイブ2002年6月1日分キャッシュ)</ref>。}}で3日間に渡って行われた<ref name="ekizo288390"/>。[[越智一裕]]によれば、当初は[[渡辺宙明]]を起用する予定ではなかったレコード会社を越智が説得して渡辺の起用に漕ぎ着けたうえ、「夜に泣いて」についてもレコード会社の指示で本作の主題歌として用いられるところを越智が策を講じて阻止した結果、渡辺による「裂空! 学園特捜ヒカルオン -テーマ オブ ヒカルオン-」の作曲や[[串田アキラ]]の起用が実現した。[[金子久美 (歌手)|金子久美]]の起用についてもレコード会社の指示だったため、越智は当初こそ否定的だったが、アバコスタジオで目の当たりにした金子の歌唱力に驚いて考えを改め、彼女の担当した1番をエンディングに起用した。「夜に泣いて」が本盤に収録されているのは、その名残りだそうである<ref name="mazinger20090518"/>。
: なお、[[2016年]][[4月27日]]に[[日本コロムビア]]から発売された渡辺の卒寿記念アルバム『渡辺宙明 卒寿記念 〜SELF SELECTION & MORE〜』には本作も復刻収録されているが、マスターテープが現存していなかったためにLPレコードからのマスタリングとなっている<ref>[http://columbia.jp/prod-info/COCX-39509-12/ 日本コロムビア | 渡辺宙明 卒寿記念 ~SELF SELECTION & MORE~]</ref>。
:
 
== 脚注 ==
匿名利用者