メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
[[Image:Falco cherrug Qatar.jpg|thumb|230px|[[カタール]]で鷹狩に使われる[[セーカーハヤブサ]]]]
'''鷹狩'''(たかがり、タカガリ、{{lang-en-short|falconry}}、{{En|hawking}})は、[[鷹]]などの鳥を使った[[狩猟]]の一種。'''鷹野'''、'''放鷹'''とも言う。タカ科の[[イヌワシ]]、[[オオタカ]]、[[ハイタカ]]、およびハヤブサ科の[[ハヤブサ]]等を[[訓練]]し、鳥類や哺乳類(兎・狼・狐など)を捕らえさせ、餌とすりかえる。あるじの元に運んでくるというのは俗信である。
 
こうして鷹を扱う人間は、{{読み仮名|'''鷹匠'''|たかじょう}}と呼ばれる。日本語の古語においては{{読み仮名|鳥狩|とがり}}/鷹田、放鷹、鷹野などとも称する。また、鷹を訓練する場所は{{読み仮名|'''鷹場'''|たかば}}と称される。
== 日本の鷹狩り ==
=== 古代 ===
日本では支配者の狩猟活動は権威の象徴的な意味を持ち、[[古墳時代]]の[[埴輪]]には手に鷹を乗せたものも存在する。[[日本書紀]]には[[仁徳天皇]]の時代([[355年]])には鷹狩が行われ、タカを調教する鷹甘部(たかかいべ:鷹飼部)が置かれたという記録がある。古代には鷹場が禁野として一般の出入りが制限され、[[天皇]]の鷹狩をつかさどる放鷹司(大宝令)/主鷹司(養老令)が置かれた。[[正倉院]]に放鷹司関係文書が残っており、長屋王邸跡から鷹狩に関連する木簡が出土している。[[平安時代]]に入ると新設の[[蔵人所]]にも鷹飼が置かれ、主鷹司が天皇の鷹狩を、蔵人所が贄調達のための鷹狩を管轄するようになる。だが、仏教の殺生禁止の思想の広まりにより鷹狩に否定的な考えが生まれて鷹の飼育や鷹狩に対する規制が取られるようになり、[[清和天皇]]は[[真雅]]や[[藤原良相]]の助言を受け入れる形で、貞観2年(860年)に主鷹司の廃止と蔵人所の鷹飼の職の廃止が行われ、以降鷹の飼育に関する規制が強化された。次の[[陽成天皇]]の元慶6年(882年)に蔵人所の鷹飼のみ復活され、蔵人所が鷹狩を管掌する<ref name="akiyoshi">秋吉正博「日本古代の放鷹文化と統治思想」根本誠二 他編『奈良平安時代の〈知〉の相関』(岩田書院、2015年) ISBN 978-4-87294-889-9</ref>。
 
奈良時代の愛好者としては[[大伴家持]]や[[橘奈良麻呂]]が知られ、平安時代においては、初期の[[桓武天皇]]、[[嵯峨天皇]]、陽成天皇、[[光孝天皇]]、[[宇多天皇]]、[[醍醐天皇]]らとその子孫は鷹狩を好んだ。嵯峨天皇は鷹狩に関する漢詩を残しているほか、技術書として『新修鷹経』を編纂させている([[818年]])。現存する鷹狩技術のテキストとしては世界で2番目に古い。中期以降においても、[[一条天皇]]、[[白河天皇]]などの愛好者が現れたが、天皇自身よりも貴族層による鷹狩が主流となる。[[坂上田村麻呂]]、[[在原行平]]、[[在原業平]]は鷹狩の名手としても知られ、[[源信 (公卿)|源信]]は鷹狩の途中で事故死したと伝えられている。
匿名利用者