「トヨタコミュニケーションシステム」の版間の差分

== 事業内容 ==
==== ES:エンジニアリングシステム ====
CAD/CAM/CAE/PDMなど[[トヨタ自動車]](TMC)の車両開発工程(企画~発売準備)において利用されエンジニアリング技術業務システムの開発
* [[コンピュータグラフィックス|CG]](Computer Graphics)/[[CAD]]関連システム、[[画像処理]]、統計処理を用いたプロセス改革支援
# システム企画・開発
* 各種解析やシミュレーションを行うための[[CAE]](Computer-Aided Engineering)システム
#* [[コンピュータグラフィックス|CG]] - DSR(Digital Styling Review)を活用したトヨタ自動車オリジナルCGシステム
* 設計データ共有化を実現する[[製品情報管理|PDM]](Product Data Management)システム
#* [[CAD]]/[[CAM]]- 市販CAD/CAMをベースにトヨタ自動車独自機能を開発
* 電技系システム、制御分野を支援するMBD(Model-Based Development)、小型情報端末
#* [[エンジンコントロールユニット|ECU]] - 開発プロセスの改革提案や業務支援システムの開発
* データ活用(デジタルマーケティング支援、データ正活動推進)
#* [[CAE]] - CAEソフトの開発・販売
#** エンジン振動解析システム - 豊田中央研究所・トヨタグループ各社との共同研究に参加
#* ダイアグツール
#* [[製品情報管理|PDM]] - パッケージソフト(ExDB)の開発・販売・サポート
#* [[G-BOOK]]の開発
# システム運用・活用
#* VC推進(Virtual Content)
#* 情報インフラ整備利用技術 - インフラサーバとクライアント環境の構築
#* データ正活動推進 - 一元管理されたデジタルデータを車両開発全工程で活用
 
==== BS:ビジネスシステム ====
499

回編集