メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
;遺伝性光線過敏症
:[[色素性乾皮症]]のように[[紫外線]]により傷害された[[DNA]]を修復する酵素の先天的欠損により光線過敏をおこすもの。
;薬剤性光線過敏症
[[ニキビ]]の治療で最も多く使用されてきた[[テトラサイクリン系抗生物質]]の副作用で起こる。特に[[ミノサイクリン]]と[[ドキシサイクリン]]の[[:Category:PARP阻害剤|PARP阻害作用]]が強力で、[[DNA修復]]を阻害する作用がある。
;代謝性光線過敏症
:[[ポルフィリン症]]のように[[ポルフィリン]]代謝異常によりポルフィリン体が蓄積して起こる。
== 予防・治療 ==
外出時などには、日傘などで[[紫外線]]を物理的に防ぐことと、[[サンスクリーン剤]](日焼け止め)をこまめに外用する必要がある。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist|1}}
 
{{Medical-stub}}
281

回編集