「西武スマイルビジョン」の版間の差分

| 4= 西武30000系(7次車以降)の西武スマイルビジョン(2014年01月05日撮影)
}}
スマイルビジョンは、[[西武30000系電車]]の各客用ドア客室側上部に、車内案内表示S-TVS ('''S'''eibu'''-T'''rain '''V'''ision '''S'''ystem) 用として15~17インチの[[液晶ディスプレイ]]2台が設置されている。システム装置およびディスプレイ画面はともに[[三菱電機]]製で、デジタル伝送の[[DVD]]レベルの高画質として見やすさの向上を図っている。2台のうち、左側は動画広告用画面で企業などの[[コマーシャルメッセージ|コマーシャル]]が放映される。基本的には西武グループに関するものや、[[秩父市|秩父]]・[[西武園ゆうえんち]]・[[としまえん]]などの西武沿線観光情報、西武鉄道で展開している『[[妖怪ウォッチ]]』とのコラボレーションによるマナーCMなどである。この動画広告は主要駅に設置された高速無線通信([[ミリ波]]装置)で配信している。音声は[[東京急行電鉄]]の「[[TOQビジョン]]」などと同様に流れない。右側は運行情報用画面で、列車種別・行先、停車駅、現在位置、乗り換え、目安所要時間<ref>停車駅と主要駅までの所要時間を表示。</ref><ref>[[ラッシュ時|ラッシュ時間帯]]や運行[[ダイヤグラム|ダイヤ]]が乱れているときは非表示。</ref>、開閉予告、駅設備案内<ref>2008年6月現在のもの。</ref>、自社線運行状況、急停車注意案内、車内マナー案内などの情報を表示することができる。また、2009年4月頃より[[秩父鉄道]]、[[東京地下鉄]](東京メトロ)、[[多摩都市モノレール]]、[[東武鉄道]]、[[東京都交通局]]([[都営地下鉄]])、[[東日本旅客鉄道]](JR東日本)の運行状況を表示できるようになっている。同時に自社線での[[振替輸送]]が実施されているときにはその案内を表示する。これらの情報は[[FOMA]]回線を使用しタイムリーな情報を提供することができる。また、画面の表示トラブル<ref>実際の運行情報と異なるものを表示したとき。</ref>発生時は西武鉄道のコーポレートマークのみを表示する。
 
2009年度の事業計画では、新たに[[西武6000系電車|6000系]]をリニューアルする際にスマイルビジョンを設置する計画が発表され、ステンレス車両は新宿線所属編成(6101F・6102F)を除く全編成(6103F - 6117F)への搭載が完了しており、アルミ車両(50番台、6151F - 6158F)は2015年4月現在、順次設置工事中が進められている。