「ステファヌス8世 (ローマ教皇)」の版間の差分

編集の要約なし
(改名提案の終了)
| 画像説明 =
| 就任 = 928年12月
| 離任 = 931年2315日
| 先代 = [[レオ6世 (ローマ教皇)|レオ6世]]
| 次代 = [[ヨハネス11世 (ローマ教皇)|ヨハネス11世]]
| その他 =
| 本名 =
| 生年月日 = ?
| 生地 = ローマ
| 没年月日 = 931年2315日
| 没地 =
| 埋葬地 =
}}
 
'''ステファヌス8世'''('''Stephanus VIII'''、? - [[931年]][[2315日]])は、第124代[[ローマ教皇]](在位:[[928年]][[12月]] - 931年2月)。
 
== 生涯 ==
出身は[[ローマ]]。[[司祭]]を務めていた。928年12月に先代のレオ6世が殺害されたため、新教皇に選出された。{{要出典範囲|date=2012年4月|しかし[[セルギウス3世 (ローマ教皇)|セルギウス3世]]の愛人であった[[マロツィア]]の傀儡だったという。}}931年23月に死去した。
 
== 参考文献 ==