「ヨハネス19世 (ローマ教皇)」の版間の差分

編集の要約なし
| 画像 = [[ファイル:B_Johannes_XIX.jpg]]|
| 画像説明 =
| 就任 = [[1024年]][[4月19日]]
| 離任 = [[1032年]][[10月9日]]
| 先代 = [[ベネディクトゥス8世 (ローマ教皇)|ベネディクトゥス8世]]
| 次代 = [[ベネディクトゥス9世 (ローマ教皇)|ベネディクトゥス9世]]
| 生年月日 = 不明
| 生地 = ローマ
| 没年月日 = 1032年10月9日
| 没地 = ローマ
| 埋葬地 =
| 曖昧 = ヨハネス
}}
'''ヨハネス19世'''('''Ioannes XIX'''、[[ローマ]]生年不詳 - [[1032年]][[10月、ローマ9日]])は、[[ローマ教皇]](在位[[1024年]] - [[1032年]])。もとの名は'''ロマーノ・デイ・コンティ・ディ・トゥスコロ'''(Romano dei Conti di Tuscolo)。ラテン語名は'''ロマヌス・コメス・トゥスクリ'''(Romanus Comes Tusculi)。
 
[[ローマ]]の有力者トゥスコロ家に生まれ、兄の[[ベネディクトゥス8世 (ローマ教皇)|ベネディクトゥス8世]](在位1012年 - 24年)のあとを継いで教皇に選出された。選出された時には、聖職者経験のない俗人で、[[執政官]]および[[元老院 (ローマ)|元老院議員]]の肩書きしか有していなかったため、教皇に就任するにあたり、[[司教]]に任命された。
 
ヨハネス19世は、それまでの教会の方針に反して、多額の賄賂と引き換えに[[コンスタンディヌーポリ総主教庁]]に司教の肩書きを与えることを約束したものの、聖職者たちからの大きな反対を受け、即座に約束の撤回に追い込まれた。
 
[[1024年]]、神聖ローマ皇帝[[ハインリヒ2世 (神聖ローマ皇帝)|ハインリヒ2世]](在位1002年 - 241024年)の死に際し、ヨハネス19世は[[コンラート2世 (神聖ローマ皇帝)|コンラート2世]](在位1024年 - 391039年)の即位を支持し、コンラート2世は[[1027年]]の[[復活祭]](3月26日)に[[サン・ピエトロ大聖堂]]にて戴冠を受けた。
 
同年の4月6日、ラテラノ[[教会会議]]を開き、[[アクイレイア総大司教]]に対して総大司教の地位を認め、対立していた[[グラード総大司教]]を支配下に置くことを宣言した。しかし、[[1029年]]にはこの宣言を撤回し、グラードに再びその地位を認めた。他に、[[バーリ]]の大司教ビザンティウスに[[公開勅書]]を与え、その12座の[[属司教]]の聖別権を付与した。
 
{{ローマ教皇|144代:1024年-1032年}}
[[Category{{デフォルトソート:教皇|よはねす19]]}}
[[Category:10世紀生|よはねす19教皇]]
[[Category:1032年没|よはねす1910世紀生]]
[[Category:ローマ出身の人物|よはねす191032年没]]
[[Category:ローマ出身の人物]]