「彌吉上総入道欽雪庭」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
== 出自伝承 ==
氏族制度研究者の[[太田亮]]によれば、「彌吉上總入道」は[[筑後]]の豪族・[[西牟田城]]主[[西牟田公家|西牟田讃岐守公家]]([[藤原北家|藤原姓]][[西牟田氏]]当主)の二男であるという<ref>太田亮『姓氏家系大辞典』第三巻(角川書店)6165頁「彌吉」</ref>。法号は欽雪庭<ref>矢野一貞『筑後将士軍談』中巻(名著出版)117頁</ref>。
 
西牟田氏は[[藤原北家]]流とされ、鎌倉時代は筑後西牟田の[[地頭]]を務め<ref>杉山正仲『校訂筑後志』(本荘知新堂)248頁</ref>、[[元軍]]襲来の際はこれを迎え撃ち、武功を立てて恩賞を賜っている<ref>馬渡俊継『九州治乱記』(青潮社)9頁</ref>。南北朝時代は[[懐良親王]]を奉じて武家([[足利]])方と戦い<ref>馬渡俊継『九州治乱記』(青潮社)40頁</ref><ref>『歴代鎮西志』上巻560~571頁</ref>、南北朝の合一後は戦国大名化した。
154

回編集