「生津城」の版間の差分

編集の要約なし
[[本丸]]の規模は東西73[[間]]・南北62間で、二の丸と三の丸もあり、その周囲に堀が巡らされていた。周辺は大泥池と呼ばれる[[湿地|低湿地]]で、その自然地形を利用して五重の堀を設けていた。
 
[[天正]]6年([[1578年]])に[[大友氏]]が[[耳川の戦い]]で敗れると、[[西牟田鎮豊]]は大友氏から離反して[[龍造寺氏]]に属した。このため、[[西牟田城]]は、大友氏より頻繁に攻撃を受けるようになった。[[西牟田氏]]は、西牟田城の防御能力を不十分と感じ、[[天正]]7年([[1579年]])に新たに当城を築き転住した。
 
さらに天正11年([[1583年]])、西牟田氏はより堅固な[[城島城]]へと移る。移転のきっかけについては、大友方に攻められ生津城が落城したからと記したものと、単に龍造寺氏の許可を受けて移った(城島町文化協会編「城島むかし」等)と記したものがある。
154

回編集