メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
== 経歴 ==
=== プロ入り前 ===
[[智辯学園中学校・高等学校|智辯学園高校]]では内野手兼控え[[投手]]として活躍。{{by|1972年}}春季近畿大会で優勝を飾るが、甲子園には出場できなかった。高校同期に[[田中昌宏]]、1年下に[[柳原隆弘]]がいた。
[[智辯学園中学校・高等学校|智辯学園高校]]から[[法政大学]]へ進学。[[東京六大学野球連盟|東京六大学リーグ]]では3年生の時から出場、2回の優勝に貢献。3年生秋に首位打者になる。[[1976年]]には[[明治神宮野球大会]]でも決勝で[[早稲田大学野球部|早大]]を降し優勝。リーグ通算50試合出場、190打数55安打、打率.289、1本塁打、17打点。ベストナイン3回([[三塁手]]1回、[[遊撃手]]2回)。
 
[[智辯学園中学校・高等学校|智辯学園高校]]から卒業後は[[法政大学]]へ進学。[[東京六大学野球連盟|東京六大学リーグ]]では3年生の時からレギュラーとして出場、2回の優勝に貢献。3年生秋に首位打者になる。[[{{by|1976年]]}}には[[明治神宮野球大会]]でも決勝で[[早稲田大学野球部|早大]]を降し優勝。リーグ通算50試合出場、190打数55安打、打率.289、1本塁打、17打点。ベストナイン3回([[三塁手]]1回、[[遊撃手]]2回)。
卒業後は[[東芝硬式野球部|東芝]]に入社、中心打者として活躍する。[[1977年]]、[[1978年]]に[[都市対抗野球大会]]連続出場。[[第49回都市対抗野球大会|1978年の大会]]ではチームの初優勝に貢献した。[[1977年]]には遊撃手として[[社会人ベストナイン]]に選出され、第3回[[IBAFインターコンチネンタルカップ]]日本代表となっている。
 
卒業後は[[東芝硬式野球部|東芝]]に入社、中心打者として活躍する。[[{{by|1977年]]}}[[{{by|1978年]]}}に[[都市対抗野球大会]]連続出場。[[第49回都市対抗野球大会|1978年の大会]]ではチームの初優勝に貢献した。[[1977年]]には遊撃手として[[社会人ベストナイン]]に選出され、第3回[[IBAFインターコンチネンタルカップ]]日本代表となっている。
 
=== プロ入り後 ===
5,395

回編集