「彌吉上総入道欽雪庭」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 後裔 ==
戦国大名としての西牟田氏が滅んだ後、その一族である彌吉氏はいくつかに分家し帰農、江戸期には、[[三潴郡]]の口分田村、流村、[[生葉郡]]で帰農、江戸期には口分田村、流村、下宮田村、大石村、四太郎村、今丸村等の庄屋を務めた。生葉郡の石野氏も彌吉氏から出ている<ref>「弓立神社由緒摘要」</ref><ref>『福岡県史編纂史料』(九州歴史資料館蔵)「石野文書」</ref>。
 
江戸時代末期の吉井町(現[[うきは市]])の豪商で[[梅屋友吉]]と並んで「[[商人道]]」で有名な[[溝口屋勘次]]も彌吉氏の出身である<ref>『吉井町史』第二巻 700~726頁「吉井商人溝口屋勘次と梅屋友吉」、807-816頁「吉井町商人の商人道(資料)※溝口屋勘次」</ref>。
154

回編集