「西崎ゴウシ伝説」の版間の差分

編集の要約なし
| Notable_instruments =
}}
'''西崎ゴウシ伝説'''(にしざきごうしでんせつ、[[1977年]][[10月8日]] - )は、日本[[大阪府]][[松原市]]出身の[[ミュージシャン]]であり、[[カルメラ (バンド)|カルメラ]]の[[アジテーター]]で、楽曲により[[ボーカル]]、[[トランペット]]、[[パーカッション]]、[[ギター]]、[[キーボード (楽器)|キーボード]]なども担当する。本名は'''西崎剛史'''(にしさきたけふみ)
 
[[大阪府]][[松原市]]出身。
 
== 来歴 ==
* 作曲家・歌手で歌謡教室で歌を教える父親とピアノ教師の母親を両親にもち幼少から音楽と共に育つ
; 1999年
* ブラスロックバンド「[[ガミハナーズ]]」を結成。
; 2003年
* 「ガミハナーズ」で[[ドリーミュージック]]よりデビュー。
* のちに「ガミハナーズ」を脱退。
; 2006年
* 「[[カルメラ (バンド)|カルメラ]]」を結成。5月13日に心斎橋SUN HALLにて初ライブを行うもすぐほぼ冬眠状態へ。
; 2007年
*4月よりカルメラ本格的ライブ活動開始。
; 2016年
*自主レーベルB.T.C.Recordsよりからリリースした[[カルメラ (バンド)|カルメラ]]の7thアルバム「REAL KICKS」がオリコンインディーズ週間チャートにて初登場7位を獲得。
*[[吉俣良]] projectの一員として[[テレビ東京]]系のテレビドラマ「[[ドクター調査班〜医療事故の闇を暴け〜]]」の劇中音楽の一部を担当。
 
幼少期は家庭環境から[[演歌]]と[[クラシック音楽|クラシック]]を聞きながら育つ。
 
3歳よりからピアノをうっすら続けていたが、中学生になり[[X JAPAN]]にカルチャーショックを受けエレキギターを始める。
 
当時は相当 [[X JAPAN]]にのめりこみ、今ではX JAPANマニアとして知られる[[CUTT]]、[[浅井博章]]と共にトークショーを行うほどの、X JAPANマニアでもある。
 
高校時代になるとギター、ボーカル、キーボードといろいろなパートでバンドに参加するが、21歳の頃に[[hot hip trampoline school]]に出会いローディとなり、同時期に知った[[コルツ|THE COLTS]]のヨースケに憧れ[[トランペット]]を購入し現在に至る。
 
影響された作曲家は、[[小西康陽]]、[[久石譲]]、[[吉俣良]]、[[大野雄二]]、[[すぎやまこういち]]、[[筒美京平]]、[[小山田圭吾]]、[[ミシェル・ルグラン]]、[[セルジュ・ゲンスブール]]など
 
== 外部リンク ==
匿名利用者