「児玉雨子」の版間の差分

高校2年のときに小説を書き、[[集英社]]の[[すばる文学賞]]に応募、二次選考まで進む。[[2011年]]、知己の[[静岡朝日テレビ]]のプロデューサーから同局で放送されている「[[コピンクス!]]」の主題歌「カリーナノッテ」(コピンク*(CV:[[宮本佳林]](現[[Juice=Juice]])))の作詞を依頼される<ref>南波一海『ヒロインたちのうた』(音楽出版社)p.173</ref>。以来、コピンク*作品の作詞を担当する一方、[[夢みるアドレセンス]]を皮切りに他アイドルへの作品提供も行っている。
 
[[ハロー!プロジェクト]]楽曲の作詞を担当するようになったきっかけは、[[タワーレコード]]渋谷店で行われていた『[[南波一海のアイドル三十六房]]』を観に行ったところ、児玉のアイドル顔負けのルックスが気になった[[アップフロントワークス]]の橋本慎から「作詞家なの?じゃあ一緒にやろうよ!」と声をかけられたことから<ref>{{Cite web|url=http://tokyogirlsupdate.com/featured/beneath-passion-ameko-kodama.html|title=WHAT LIES BENEATH THE PASSION VOL.1 : AMEKO KODAMA (LYRICIST) 熱量の裏側 −vol.1 児玉雨子(作詞家)|work=Tokyo Girls' Update|date=2016-04-04|accessdate=2016-04-28}}</ref>。当初はボツ続きだったが、2015年の[[アンジュルム]]改名後初のシングル『[[大器晩成/乙女の逆襲|乙女の逆襲]]』、[[カントリー・ガールズ]]としての初のシングル『[[愛おしくってごめんね/恋泥棒]]』などを担当。
 
作詞活動の他、[[2013年]]には、コピンク*作品を元にしたオーディオストーリー『コピンクス!ストーリーズ〜star chat〜』の原案および第2話以降の脚本を担当。[[2014年]]にはライブイベントの構成演出を担当している。夢みるアドレセンスの振付を担当していた[[竹中夏海]]から女性アイドル好きで構成される「[[なでksジャパン]]」の2期生に勝手に任命される<ref>{{Cite Web|url=https://note.mu/ndks_japan/n/ndb0c1396a2f3 |title=なでksジャパンてなぁに:追記 |work=なでksジャパン|publisher=note(ピースオブケイク)|date=2014-7-11|accessdate=2015-1-9}}</ref>。
匿名利用者