「海老沢亮」の版間の差分

脚注などの加筆
編集の要約なし
(脚注などの加筆)
{{単一の出典|date=2016年6月}}
{{脚注の不足|date=2016年6月}}
'''海老沢 亮'''(えびさわ あきら、[[1883年]][[1月23日]] - [[1959年]][[1月6日]])は[[日本組合基督教会]]の[[牧師]]であり、戦前は[[日本基督教連盟]]総主事として神の国運動を推し進め、戦後は[[日本基督教協議会]](NCC)の初代総主事であるとして超教派の活動を行った
 
== 生涯 ==
=== 初期 ===
[[水戸藩]]士海老沢知成の3男として、[[茨城県]][[笠間町]]に生まれる。[[立志学館]]を卒業した後、[[札幌農学校]]土木工学科で学ぶ。農学校在学中に、婦人宣教師の[[A・M・ドーデ―]]の英語教室で[[キリスト教]]に触れて、[[1900年]](明治33年)[[田中兎毛]]牧師から[[洗礼]]を受ける。
 
[[1902年]] (明治35年)に農学校を卒業後、[[日本鉄道会社]]に入社し、鉄道技手に任命される。[[1904年]](明治37年)[[日露戦争]]が始まると[[陸軍]][[少尉]]として、[[歩兵第25連隊]]に加わり、[[旅順]]に出征するが帰隊命令を受けて[[旅順攻略作戦]]には参加していない。戦友は[[203高地]]で全滅する。
 
=== 日本組合基督教会の牧師時代 ===
日露戦争後、[[同志社大学|同志社神学校]]に入学する。在学中に[[今出川教会]]の設立に協力し、尼崎教会の伝道師を兼任する。卒業後、[[日本組合基督教会]]の[[按手礼]]を受け牧師になり、大阪梅田、札幌北光、京都などの教会を歴任する。宗教教育の必要性を訴えて、[[日本宗教教育教会]]を創立する。[[日本日曜学校協会]]の理事も務める。
 
=== 日本基督教連盟 - 神の国運動 ===
教派協調の必要を訴えて、[[1928年]](昭和3年)から、12年間[[日本基督教連盟]]総主事になる。また、宗教教育の必要性も訴えて、[[日本宗教教育教会]]を創立する。[[日本日曜学校協会]]の理事も務める。
教派協調の必要を訴えて、[[1928年]](昭和3年)から[[日本基督教連盟]]総主事になる。6月14日から17日まで日本基督教連盟、全国基督教協議会が開かれて、全国協同伝道の実施を定める。<ref>『日本キリスト教史年表』61頁</ref>
 
[[1930ジョン・モット|J・R・モット]]の働きかけを受け、[[1929年]](昭和54年)から4月12日には日本基督教連盟の全国基督教協議会と[[賀川豊彦]]の提案により、[[神の国運動]]を提唱される。海老沢は運動の中央幹事を兼任し、[[賀川豊彦]]と共に全国的な伝道を展開する。また、自宅を開放して江古田教会を創設する。また、[[1941年]](昭和16年)に[[<ref>『日本基督キリスト団]]成立時は、出版局長と東亜局長を兼任する。北支会を訪問史』に終戦を迎え[[ソ連]]に抑留される。村敏、227-228頁</ref>
 
[[1939年]](昭和14年)には自宅を開放して[[江古田教会]]を創設し、日本基督教連盟総主事を退く。
[[1946年]](昭和21年)に日本に引き揚げる。[[1948年]](昭和23年)には日本基督教協議会初代総主事に就任し、1956年まで務める。[[1959年]](昭和34年)には[[宣教百年記念運動]]幹事としても活躍するが、健康上の理由で辞任し、『日本キリスト教百年史』を執筆中に病状が悪化して死去する。
 
=== 日本基督教団 ===
[[1941年]](昭和16年)に[[日本基督教団]]成立時は、出版局長と東亜局長を兼任する。北支教会を訪問中に終戦を迎え、侵攻してきた[[ソ連]]兵に抑留される。
 
=== NCC ===
[[1946年]](昭和21年)に日本に引き揚げる。[[1948年]](昭和23年)には日本基督教協議会初代総主事に就任し、[[1956年]](昭和29年)まで務める。
 
[[1946年]](昭和21年)に日本に引き揚げる。[[1948年]](昭和23年)には日本基督教協議会初代総主事に就任し、1956年まで務める。[[1959年]](昭和34年)には[[宣教百年記念運動]]幹事としても活躍するが、健康上の理由で辞任し、『日本キリスト教百年史』を執筆中に病状が悪化して死去する。
 
== 著作 ==
*『宗教教育の諸相』(1936)
*ベーツ著、海老沢訳『信教の自由に関する研究』(1949)
 
== 脚注 ==
<references />
 
== 参考文献 ==
*海老沢宣道「海老沢亮」『日本キリスト教歴史大事典』[[教文館]]、1988年
*『日本キリスト教史年表』教文館、1992年
*[[中村敏]]『日本キリスト教宣教史』いのちのことば社、2009年
{{Normdaten}}
{{DEFAULTSORT:えひさわ あきら}}
[[Category:戦前日本の牧師]]
[[Category:戦後日本の牧師]]
[[Category:日露戦争の軍人]]
[[Category:日本組合基督教会の人物]]
[[Category:日本基督教団の人物]]
[[Category:同志社大学神学部出身の人物]]
[[Category:茨城県出身の人物]]
[[Category:引揚者]]
[[Category:1883年生]]
[[Category:1959年没]]