「海老沢亮」の版間の差分

編集の要約なし
(脚注などの加筆)
編集の要約なし
[[水戸藩]]士海老沢知成の3男として、[[茨城県]][[笠間町]]に生まれる。[[立志学館]]を卒業した後、[[札幌農学校]]土木工学科で学ぶ。農学校在学中に、婦人宣教師の[[A・M・ドーデ―]]の英語教室で[[キリスト教]]に触れて、[[1900年]](明治33年)[[田中兎毛]]牧師から[[洗礼]]を受ける。
 
[[1902年]] (明治35年)に農学校を卒業後、[[日本鉄道会社]]に入社し、鉄道技手に任命される。[[1904年]](明治37年)[[日露戦争]]が始まると[[陸軍]][[少尉]]として、[[歩兵第25連隊]]に加わり、[[旅順]]に出征するが帰隊命令を受けて[[旅順攻略作戦]]には参加していない。戦友所属部隊旅順攻囲作戦に参加し[[203高地]]で全滅する。
 
=== 日本組合基督教会の牧師時代 ===
 
== 参考文献 ==
*園部不二夫『図説 キリスト教史』創元社、1973年
*海老沢宣道「海老沢亮」『日本キリスト教歴史大事典』[[教文館]]、1988年
*『日本キリスト教史年表』教文館、1992年
*[[中村敏]]『日本キリスト教宣教史』いのちのことば社、2009年
 
{{Normdaten}}
{{DEFAULTSORT:えひさわ あきら}}
[[Category:戦前日本の牧師]]
[[Category:戦後日本の牧師]]
[[Category:露戦争の本帝国陸軍軍人]]
[[Category:日本組合基督教会の人物]]
[[Category:日本基督教団の人物]]