「アスペクト比」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
'''アスペクト比'''(アスペクトひ、 {{Lang-en|aspect ratio}})は、[[矩形]]における長[[辺]]と短辺の[[比率]]。
 
[[タイヤ]]のような[[3次元]]形状の中の[[2次元]]平面([[トーラス|トーラス面]])、あるいは[[[ロッド]]の[[長さ]]や[[直径]]のようなものにも適用される。使用される代表的な物は、[[映像]]、[[紙の寸法|紙]]、[[航空機]]や[[鳥]]の[[翼]]の形状、[[MEMS|微細加工]]における穴径と深さなどである。長辺:短辺(横縦比)または短辺:長辺('''縦横比''')で表されるが、ここでは長辺:短辺で統一する。なお、[[テレビ]]や[[デジタルビデオ]]関係では長辺:短辺('''横縦比''')で表されることが多いが、[[映画]]界では伝統的に短辺:長辺(縦横比)で表されることが多い。
 
== 応用例 ==
: 16:9。ハイビジョンテレビの画面に同じ。パノラマ写真の一種。アドバンストフォトシステムの規格(APS-H)。一部のデジタルカメラでも使われる。
: 3:2。35ミリフィルムのほとんどを占める規格。デジタル一眼レフカメラでも使われる。
: 4:3。一般的なテレビ画面(NTSC)やコンピュータのディスプレイに同じ。コンパクトデジタルカメラなどで主流。
 
; [[広告]]の寸法
 
{{Tech-stub}}
 
{{デフォルトソート:あすへくとひ}}
[[Category:映像技術]]