メインメニューを開く

差分

 
=== 初期 ===
[[関ヶ原の戦い]]の後、現在の山形県の大半を領有した[[最上氏]]がお家騒動(最上騒動)を起こしたため[[元和 (日本)|元和]]8年([[1622年]])3代で改易となり、藩領が4分割された。[[信濃国|信濃]][[松代藩]]より[[酒井忠勝 (出羽国庄内藩主)|酒井忠勝]]が3万8,000石の加増を受け、庄内に13万8,000石で入封し当藩が成立した。当藩の領地は[[田川郡 (羽前国)|田川郡]](現・[[鶴岡市]]、[[庄内町]]、[[三川町]])・[[飽海郡]]・[[村山地方|村山郡]]から構成されていた。元和9年に総検地したところ、5万3,000石を上回る出目が見込まれ、幕府に20万石の役を望んだが叶わなかった。
 
[[寛永]]9年([[1632年]])[[江戸幕府]]預人・[[加藤忠広]](旧・[[肥後国|肥後]][[熊本藩]]主)に配所料として領内の丸岡1万石を分与した。代わりに[[酒井直次|直次]](忠勝の弟)の遺領・[[#左沢藩|左沢藩]]1万2,000石が与えられ表高14万石となる。以後、最上氏旧領内4藩の中心的存在となった。
 
一方では検地によって見込まれた5万3,000石は年貢の対象とされ、農民にとっては実質的な年貢増となった。特に遊佐郡では藩の検地と増税によって5,700石程から1万石に増加したことに農民らが反発、遊佐郡の百姓44軒400人程が土地から離散し由利仙北に逃亡した。それのみならず寛永11年([[1634年]])には遊佐郡大肝煎高橋太郎左衛門が幕府に上訴するに及び庄内藩は動揺した。高橋太郎左衛門はその罪を受けて牢に入れられたが、逃散者が連れ戻された直後に幕府の巡見使が来ると情報が入ったため牢から出された。江戸の情報に明るい酒田衆の情報で弟長四郎と共に江戸へ出て、幕府中央に着実に届くよう江戸目付に訴えている。庄内の農村居住者が藩政の過酷さを幕府は許さないと見抜いていたと思われる。このような公益思想が当時の農村部で成長していたことは注目に値する。また、藩主忠勝の弟[[酒井忠重]]が自らの子を藩主とするため、藩主・忠勝の子[[酒井忠当]]を廃嫡させようと策謀。正保3年([[1645年]])には忠勝を抱きこみ、忠当の後ろ盾となっていた筆頭家老・高力喜兵衛を追放、類する者も処罰させた(通称、酒井長門守一件)だが、忠当の廃嫡を目前にして初代藩主酒井忠勝が病死。遺言通り、忠当は庄内藩の2代藩主として家督を継いだ。忠当は酒井忠重へ2万両を送り義絶。弟である三男・忠恒に松山2万石を、七男・忠解に大山1万石を分知し、家内の混乱を収めた。
 
庄内藩では、藩外に出る口を5口とし、それぞれに関所を置いた。すなわち、吹浦口、念珠ヶ関口、小国口(関川口)、清川口、大網口である。
匿名利用者