「ルイ・ロペス・デ・ビリャロボス」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''ルイ・ロペス・デ・ビリャロボス'''({{lang|es|Ruy López de Villalobos}}、[[1500年]]頃 - [[1544年]][[4月4日]])は[[16世紀]][[スペイン]]の[[探検家]]。[[メキシコ]]から「[[香料諸島]]」([[モルッカ諸島]])への航路を求めて[[太平洋]]へ出帆し、[[1543年]]に[[フィリピン]]諸島にたどり着いた。この諸島を最初に「フィリピン」と名づけた人物でもある。
 
== 生涯 ==
当時スペインと[[ポルトガル]]は、高価な[[香辛料|スパイス]]を産するモルッカ諸島への到達と領有をめぐって競っており、ポルトガル船がモルッカを隅々まで探検するなど一歩先んじていた。一方、スペイン側は[[フェルディナンド・マゼラン]]の航海で到達した島(フィリピンの[[セブ島]]やモルッカの島々)の情報を持っていたため、これらの島をあきらめたくはなかった。
 
ロペス・デ・ビリャロボスは[[1541年]]、[[ヌエバ・エスパーニャ]][[植民地]](現在のメキシコ)の初代[[副王]]([[総督]])、[[アントニオ・デ・メンドーサ]]によって[[東インド諸島]]への航海を指揮するよう任命され、[[1542年]]に4隻の船でメキシコを出航した。彼の艦隊は北太平洋を横断し多くの小島(おそらく[[ハワイ諸島]]も含まれると思われる)を発見した後、まず[[ルソン島]]の南海岸に達し、短い間停泊した。続いて[[サマール島]]、[[レイテ島]]に到達し、彼はスペイン皇太子(後の[[フェリペ2世]])を称えてこの島々に「ラス・イスラス・フェリピナス (Las Islas Felipinas) 」と命名した。これが現在の「'''フィリピン'''」の国名の由来である。しかし、敵意を見せる先住民に島を追い出され、飢えと難破に見舞われ、ロペス・デ・ビリャロボスは島への入植と探検をあきらめた
 
[[1543年]][[8月26日]]、[[金銀島]]探索のため[[ミンダナオ島]]を出発し、[[10月16日]]に[[火山列島]]を発見している<ref>田中 pp16-17</ref>。
敵意を見せる先住民に島を追い出され、飢えと難破に見舞われ、ロペス・デ・ビリャロボスは島への入植と探検をあきらめた。彼らの生き残りはモルッカへの脱出を試みたが、先にモルッカに来ていたポルトガル人との争いに敗れ、彼らは捕虜となった。
 
敵意を見せる先住民に島を追い出され、飢えと難破に見舞われ、ロペス・デ・ビリャロボスは島への入植と探検をあきらめた。彼らの生き残りはモルッカへの脱出を試みたが、先にモルッカに来ていたポルトガル人との争いに敗れ、彼らは捕虜となった。
 
ロペス・デ・ビリャロボスは<!-- モルッカへの宣教師、[[フランシスコ・ザビエル]]の保護の下、・・・[[:en:Francis Xavier]]によればザビエルのモルッカ宣教は1546年なので年代が合わない? -->1544年にアンボイナ島([[アンボン島]])の牢屋で死んだが、残った乗組員は生き残り脱走してヌエバ・エスパーニャに戻った。
 
なおロペス・デ・ビリャロボスの太平洋艦隊には、のちに[[イエズス会]]に入会して日本布教に従事した宣教師[[コスメ・デ・トーレス]]も同乗していた。
 
== 脚註 ==
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
* 田中弘之([[1997年]]). 『幕末の小笠原--欧米の捕鯨船で栄えた緑の島』, [[中公新書]], [[中央公論社]]. ISBN 4121013883
 
== 外部リンク ==