「吉田長利」の版間の差分

編集の要約なし
m
[[Image:Yoshida Nagatoshi.jpg|200px|thumb|吉田長利像([[福岡市博物館]]蔵)]]
'''吉田 長利'''(よしだ ながとし、[[天文 (元号)|天文]]16年([[1547年]]) - [[元和 (日本)|元和]]9年[[9月22日 (旧暦)|9月22日]]([[1623年]][[11月14日]]))は[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]から[[江戸時代]]の武将、[[福岡藩]]士。[[黒田二十四騎]]の一人。幼名は長坊、与太郎。初名は六之助、通称は'''六郎太夫'''(ろくろうだゆう)、号は水庵(翠庵)。父は[[八代道慶]]。母は隅田氏。妻は三木善界の娘。子に与次、[[吉田重成|重成]]、[[野村祐勝]]後室がいる。
 
[[黒田孝高]]の1歳年下である。孝高の母が乳の出が悪かったため、長利の母が授乳しており、孝高とは乳兄弟に当たる。永禄6年([[1563年]])[[黒田職隆]]に出仕。永禄7年([[1564年]])、父・道慶は[[浦上清宗]]の婚礼に同席した際、[[赤松政秀]]の襲撃を受けて負傷し、それが元で後に没した。永禄9年([[1566年]])、孝高の勧めにより、家老・[[吉田重生]]の姓を譲られて吉田姓となる。
18,970

回編集