「自給自足」の版間の差分

編集の要約なし
{{出典の明記|date=2015年2月14日 (土) 03:43 (UTC)}}
 
'''自給自足'''(じきゅうじそく)とは、[[生活]]に必要な物資を{{要出典範囲|すべて|date=2015年2月}}自ら<!--{{要出典範囲|(単身または家族で)|date=2015年2月}}-->手に入れる生活のあり方のことである。
 
<!--{{要出典範囲|一般的な生物はすべて自給自足である。|date=2015年2月}}--><!-- {{要出典範囲|ヒトにおいてはそれが普通でないのは、道具などの使用において、専門性や分業制が現れ、流通が広域化していることに由来する。|date=2015年2月}} {{誰|date=2015年2月}} {{要検証|date=2015年2月}}-->
 
自給自足では、[[食料]]や[[衣料]]、[[住居]]などを自分自身で[[生産]]または[[製作]]して生活する。
 
<!--== {{要出典範囲|半自給生活|date=2015年2月}} == -->
<!--{{要出典範囲|現代において完全な自給生活を送っている人はまずない。|date=2015年2月}} -->
 
== 関連人物 ==
* [[ヘンリー・デイヴィッド・ソロー]] - 『[[ウォールデン- 森の生活]]』(1854年)の作者。{{仮リ[[ウォールデ|ウォールデン湖|en|Walden Pond}}]]畔の[[森林|森]]の中に[[丸太小屋]]を建て、自給自足の生活を2年2ヶ月間送る。
* [[横井庄一]] - [[グアム島]]のジャングルで自ら作った地下壕などで自給自足生活、28年後の1972年にようやく日本に帰還。
* [[小野田寛郎]] - 終戦を知らされず、[[太平洋戦争]]終結から30年近く[[フィリピン]]・[[ルバング島]]にて自給自足をしながら一人戦い続ける。
<!--【自給自足】を主題にした記事や書籍でわざわざ市橋達也を扱っている記事は無いはず。
<!--
【自給自足】を主題にした記事や書籍でわざわざ市橋達也を扱っている記事は無いはず。
 
* [[リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件|市橋達也]] - 沖縄県の[[オーハ島]]に4回にわたり潜伏。最長3ヶ月間の自給自足生活を送っていた。-->
 
*[[閉鎖経済]]
*[[地産地消]]
 
{{Economy-stub}}
 
{{DEFAULTSORT:しきゆうしそく}}
[[Category:経済システム]]
[[Category:廃棄物削減]]
 
 
{{Economy-stub}}