「エンクロージャー」の版間の差分

編集の要約なし
: [[バックロードホーン型]]は、エンクロージャーの内部に、少しずつ太くなってゆく音の道(ホーン)が折りたたまれており、箱のどこかにホーンの出口がある。振動板の裏側から出た音のうち低音はホーンで増強され、中音高音は折り曲げ構造により減衰し、出口から放射される。バスレフ型に比べて低音増強効果は大きいが、反面、バスレフ型ほど低い帯域まで低音を増強させることは困難である。設計や製作に手間がかかる。自作スピーカーや、海外メーカーの超高級品に使われている。
:{{-}}
; ドロンコーン/パッシブラジエーター
:[[ファイル:Passive radiator enclosure.svg|thumb|100px]]
: ドローンコーン(ドロンコーン)型、または{{仮リンク|パッシブラジエーター型|en|Passive radiator (speaker)}}は、エンクロージャーにスピーカーユニット以外にドロンコーン(またはパッシブラジエーター)と呼ばれる物を取付ける方式である。ドロンコーンは電磁気回路を持たないスピーカーユニットであり、同じエンクロージャーに取付けられたスピーカーユニットによって、受動的に動作することになる。
匿名利用者